住宅ローン金利計算 なぜ金利計算が必要?

住宅ローンの金利計算はシュミレーターを使えば、今や誰にでもできます。各住宅ローン提供サイトには、ほぼ、間違いなくシュミレーターが設置してあります。

金利予測は難しいですが、住宅ローンの金利計算は、個人の能力に関係なく誰でも簡単にできますので、住宅ローンの質を見極めることに時間を向けられる時代になったといってよいでしょう。

最も利用の多い元利金等返済で住宅ローン金利計算をするには、各サイトにあるシュミレーターに借り入れ金額と返済期間・金利を入力するだけです。そうすると、毎月返済額、総返済額、総支払利息などが、瞬間的にわかるわけです。

過去には、それなりの計算知識がある人でなければ、元利金等法による住宅ローンの金利計算などはできなかったわけです。銀行との相談や交渉に臨むに当って、住宅ローンの金利計算を自分でやっておく、おかないは大きな違いであることは想像できるでしょう。

このくらいの金利であれば、これくらいの返済額になるというある程度の勘所を身に付けておけば、銀行の都合のいいアピールに、自分で明確にNOという判断ができるのです。

住宅ローン金利計算の結果、あなたが、最終的に支払う利息額をご覧になりました?

例えば、借入額3,000万円 返済期間30年 元利均等返済 利息3%と4%との違いで生じる利息総額の差は約600万円になります。つまり銀行の利益ですよね・・・。

住宅ローン金利計算は、銀行の利益を計算することです。この利息の支払いをできる限り抑えようというのが住宅ローン選びの要なのですから、住宅ローン金利計算を人任せではなく、自分でいろんなケースで行っておくことが大切です。

今、選択肢から外せない住宅ローン

au住宅ローン

どの銀行も低金利が当たり前・・・そこにどのような付加価値があるのか・・・。

そんな中、消費者にとって見過ごすことのできない価値を提供する住宅ローンがあります。

それは「がんで就業不能」ではなく「がんと診断」で返済をカバーしてくれる無料の付帯保障が付いた住宅ローン。

不動産業者に住宅ローンをお任せする前に、選択肢の一つに含めることをおすすめします。
詳しくは以下で解説。↓↓

>>au住宅ローンメリット・デメリット解説

スポンサーリンク

ポータル関連リンク

このページの先頭へ