「借入額」タグの記事一覧

スポンサーリンク

住宅ローン金利 1%違うと返済額・借入額にどの程度影響するか?

金利が1%上がると・・・(金利2.5%→3.5%)

 金利比較をイメージで見てみましょう。

住宅ローンの金利が1%違うとどれほどの差があるかを、まずは目安としてご理解ください。元利均等払いの場合、総利息額は下図のように増えます。

借入額2,500万円 返済期間30年 元利均等払いで金利が1%上昇すると、利息額が486万円増加する

総利息額で比較すると以下のようになります。

金利が1%上昇すると総利息額が1.4倍以上に!総利息の差額は486万円

総利息の差額486万円を30年で割ると、486万円÷30年=16万2千円となります。つまり、

金利が1%増加すると、利息負担が
年間16万2千円増加する

 ということになります。年間16万2千円の負担増が30年間繰り返される・・・そう考えると金利は決して見過ごせない数字であることがわかります。

ちなみに毎月返済額・総返済額は、以下のようになります。

金利別返済額比較表
(元利均等、ボーナス併用払い、ボーナス負担率20%)

金利 2.5% 3.0% 3.5%
借入額 2,500万円 2,500万円 2,500万円
毎月返済額 8万円 8万5千円 9万円
ボーナス返済額
(負担率20%)
11万9千円 12万7千円 13万6千円
総返済額 3,559万円 3,798万円 4,045万円
総利息額 1,059万円 1,298万円 1,545万円

このページの先頭へ