新築時、住宅購入時の優遇制度一覧

このページは、新築時、住宅購入時の補助金・減税・優遇制度の時系列記事一覧になります。

これらを分類ごとにわかりやすくまとめたのが以下のページになりますので、こちらをご覧ください。

また、新築や購入時に利用できる主要な減税制度について、低炭素住宅や長期優良住宅といった住宅性能による減税効果の比較表を作成していますので、ご参考ください。


スポンサーリンク

新築時、住宅購入時の優遇制度一覧 (時系列)

住宅ローン控除(減税)2017(H29年)の図解解説と早見表(減税額シミュレーション)

減税制度 新築・購入 中古住宅購入 リフォーム 住宅控除
住宅ローン減税(控除)で最大400万円控除

このページは、住宅ローンを組んで住宅を取得した時に納めた所得税が戻ってくる、いわゆる「住宅ローン減税(控除)についての説明になります。制度の仕組み、実際に戻ってくる額の概ねの目安などについてわかりやすく紹介します。

H29年度 木造住宅新築で最大165万円の補助金 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅 | 地域型住宅グリーン化事業の概要

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 長期優良住宅 低炭素住宅
長期優良 高度省エネで100万円ーH29年度地域型住宅グリーン化事業

この事業は、長期優良住宅や低炭素住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を新築する場合などに対して基本100万円の補助金が交付されるものです。また、地域木材を利用する場合や三世代同居への対応を合わせて行う場合は補助金が加算されます。長期優良住宅や低炭素住宅を中小工務店で建てたいという方は要チェックです。

エネファーム設置補助金 2017(H29年度) | 家庭用燃料電池システム導入支援事業の概要

補助金制度 新築・購入 省エネ 設備設置
エネファーム設置補助:H29年度 家庭用燃料電池システム導入支援事業

家庭用燃料電池システム「エネファーム」を住宅等に導入する方、またはリース等により提供を行う方に対して、その購入費用の一部を国が補助する制度です。平成29年度も制度が実施されることになりました。ここでは、その概要についてお伝えします。難しい設計要件などはなく、指定されたシステムを購入・設置し、それを使うことで補助金が受けられますので、積極的に活用しましょう。

ゼロエネ住宅(ZEH:ゼッチ)で75万円の補助金 | 平成29年度ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の概要

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ
ZEHで75万円の補助金 平成29年度ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業

この事業は、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)、つまり、太陽光パネルで発電したエネルギーで消費エネルギーの概ねをまかなう住宅を取得、または、ZEHへ改修する方へ、一戸あたり75万円を国が補助するというものです。ここでは、その概要についてお伝えします。ソーラーパネルを付けて省エネ重視の住まいにしたいという方は、確実に利用したい制度です。

エコ住宅への建替えで最大50万円の補助金 H28年度 | 住宅ストック循環支援事業

補助金制度 新築・購入 省エネ 長期優良住宅
エコ住宅への建替え | 住宅ストック循環支援事業

H28年度補正予算により、耐震性のない住宅を解体し省エネ性能の高い住宅に建替えた場合に、最大50万円/戸の国の補助金による支援制度が創設されました。これは「住宅ストック循環支援事業」の3本柱の補助メニューの一つとなっています。

すまい給付金の概要および住宅の消費税増税の経過措置(契約と引渡しのタイミング)の解説

補助金制度 その他の優遇制度 新築・購入 中古住宅購入

消費税増税に伴い、住宅を取得した一定の年収以下の人の負担軽減を図るため、給付金が支給されます。ここでは、住まい給付金の概要、給付額および、適用税率を左右する工事契約と引渡しのタイミングなどについて説明します。

ゼロエネ住宅補助金 125万円 平成28年度(補正予算) ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業(普及加速事業費補助金)の概要

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 設備設置

この事業は、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現すべく、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する方に補助金を交付する制度です。

贈与税の住宅取得資金の非課税措置 - 軽減額シミュレーション 2017(平成29年)

減税制度 新築・購入 中古住宅購入 リフォーム

父母や祖父母などの直系尊属から、自分で住むための住宅を新築、購入、増改築等をするために必要な資金として贈与を受けた場合、一定金額までの贈与について、贈与税が非課税となる制度が拡充されています。ここでは、その贈与税の非課税措置の概要、軽減額算定例などについてお伝えします。

買換えのために住宅を売り譲渡益が生じた場合の長期譲渡所得の特例 2017(平成29年)

その他の優遇制度 新築・購入 中古住宅購入

買換えのためにマイホーム(旧居宅)を売った際、譲渡益が生じた場合(儲かった場合)については、以下に示すように課税を将来に繰り延べることができるという特例が適用できます。この特例は平成29年12月31日まで2年間延長され、引き続き特例措置を受けることができます。

低炭素住宅の税の優遇 所得税減税 2017(H29年) (住宅ローン控除、投資型)シミュレーション

減税制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 低炭素住宅 設備設置 住宅控除

ここでは、認定低炭素住宅の住宅ローン減税、投資型減税の概要、実際の減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする認定低炭素住宅。メリットの恩恵は?そのあたりを、実際の算定例から見ていきます。

住宅を買い替えた時の所得税の減税(譲渡損失が生じた場合の特例) 2017(平成29年)

減税制度 新築・購入 中古住宅購入

マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例について説明します。それは、10年以上のローンを組んで新たに住宅を取得する際に、もともと5年以上所有していた住宅や土地を売ったが、当時買った時の値段よりも安い金額で売れた(損をした)場合、その差額(損した額)を、その年の給与所得などから差し引くこと(損益通算)ができるというものです。

住宅の新築・取得時(中古住宅含む)における補助金・減税・優遇制度一覧 H29年(2017年)

新築・購入
住宅の新築・取得時(中古住宅含む)における補助金・減税・優遇制度

住宅の新築、新築住宅の取得時に利用できるお得情報についてまとめています。補助金、減税、金利優遇などを一覧にしていますので、検討の上、資金の負担が少しでも軽くなるよう十分ご活用ください。また、漏れがないようにするためのチェックリストとしてもご活用ください。

住宅メーカー選びで迷っている方へ

家づくりの前に必ず知っておいていただきたいこと

ポータル関連記事

ページの先頭へ