ここでは、長期優良住宅の固定資産税の減額の概要、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介いたします。

なお、一般住宅の固定資産税の概要、控除額シミュレーションについては以下をご覧ください。

一般住宅の固定資産税の軽減措置 軽減額シミュレーション

スポンサーリンク

長期優良住宅の固定資産税の減額の概要

長期優良住宅の固定資産税の減額措置の適用期間
適用期間:平成32年3月31日までに取得
戸建て区分 減額措置 一般住宅 長期優良住宅
戸建て 税額1/2 3年間 5年間
マンション 5年間 7年間

長期優良住宅として認定を受けた住宅の固定資産税の各年の軽減額は一般住宅と変わりありません。

ただし、減額措置の適用期間が一般の住宅よりも長く設定されています。

  • 適用期間(戸建て):一般住宅 3年間 → 長期優良住宅 5年間


通常、固定資産税は以下により軽減されます。
■新築住宅の固定資産税額=住宅の固定資産税評価額×1.4%×1/2※1戸あたり120m2相当分までを限度

この減額措置によって1/2となる期間が一般住宅(戸建て)の場合は3年間、長期優良住宅の場合は2年延長され5年間適用されるということになります。

長期優良住宅として固定資産税の軽減を受けるための主な要件

  • 床面積が50㎡以上280㎡以下であること
  • 長期優良住宅の認定通知書を取得していること

スポンサーリンク

制度の詳細

長期優良住宅の固定資産税の軽減の詳細については、以下をご覧ください。

長期優良住宅に対する税の特例(国土交通省)

関連する制度

長期優良住宅の固定資産税以外も含めた減税制度の全体、また、補助金や他の優遇制度を含んだ住宅のお得情報全体を把握したい方は以下の一覧表をご覧ください。