低炭素住宅の優遇制度一覧

このページは、低炭素住宅の補助金・減税・優遇制度の時系列記事一覧になります。

住まいのお得情報を分類ごとにわかりやすくまとめた以下のページもご参考ください。
→認定低炭素住宅で利用可能または優遇される制度にマークを付しています。

スポンサーリンク

H29年度 木造住宅新築で最大165万円の補助金 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅 | 地域型住宅グリーン化事業の概要

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 長期優良住宅 低炭素住宅
長期優良 高度省エネで100万円ーH29年度地域型住宅グリーン化事業

この事業は、長期優良住宅や低炭素住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を新築する場合などに対して基本100万円の補助金が交付されるものです。また、地域木材を利用する場合や三世代同居への対応を合わせて行う場合は補助金が加算されます。長期優良住宅や低炭素住宅を中小工務店で建てたいという方は要チェックです。

低炭素住宅の税の優遇 所得税減税 2017(H29年) (住宅ローン控除、投資型)シミュレーション

減税制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 低炭素住宅 設備設置 住宅控除

ここでは、認定低炭素住宅の住宅ローン減税、投資型減税の概要、実際の減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする認定低炭素住宅。メリットの恩恵は?そのあたりを、実際の算定例から見ていきます。

地域型住宅グリーン化事業 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅 補助金100万円 H28度(2016)

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 長期優良住宅 低炭素住宅

地域型住宅グリーン化事業については平成28年度も予算措置がされ、従来と同様本事業が実施されることになりました。今年度は新たな制度である建築物省エネ法に基づく性能向上計画認定住宅が補助の対象として加わりました。木造住宅に関連する補助の内容について概要を説明します。

あなたに合った業者さんを見つけましょう

楽しい住まいづくり
資金計画のイメージもある程度進んできたら、いよいよ業者さん探しです。

1社1社調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービスで各社から間取りや資料の請求をしてみましょう。

各社から資料等が届いたら、プラン、予算、性能などを比較し、あなたにあった業者さんを絞り込んでいきます。

家づくりの前に必ず知っておいていただきたいこと

ポータル関連記事

ページの先頭へ