最新のの後継事業はこちら
→ 地域型住宅グリーン化事業

平成26年度地域型住宅ブランド化事業の概要
補助金の額 最大100万円
工事期限 平成26年度内に事業着手
補助要件等 ・応募グループは中小住宅生産者であること。
・提案が国土交通省に採択されていること。
・地域材を用いた長期優良住宅であること。

平成26年度地域型住宅ブランド化事業の概要

「地域住宅ブランド化事業」は地域材を活用した長期優良住宅に対して、最大100万円が補助される制度です。平成25年度に引き続き26年度も実施されることとなりました。

 この事業は、地域材を利用して長期優良住宅を建てるだけで補助金を受けられるというものではなく、国土交通省から審査を受け採択された住宅生産者等のグループ(地域材を活用した長期優良住宅の供給を行う事業者グループ)が供給する住宅であることが要件となります。

スポンサーリンク

補助金の取得条件の概要

  • 地域材を活用する木造住宅
  • 採択されたグループの地域型住宅の共通ルール等(グループの採択時に指定する内容)に則して、グループ構成員である中小住宅生産者等により供給される住宅
  • 長期優良住宅建築等計画の認定を受け、グループに対する採択通知日以降に着工する住宅
  • 住宅の省エネルギー技術に関する講習の修了者がその設計、施工、または工事監理に関わること

補助金の額

地域材を活用した対象住宅の建設工事費の1割以内の額で、かつ対象住宅1戸当たり100万円が上限となります。

採択されたグループ

施主が直接補助金の交付を受けるのではなく、採択を受けた中小住宅生産者が補助金の交付を受けるため、施主は間接的に補助金のメリットを受けることになります。
 採択を受けたグループは以下のページから地域別に公開されます。グループの事務局に問い合わせるのも良いですし,グループ構成員である設計事務所や工務店に問い合わせてみると良いでしょう。
 また、事業の詳細についても以下をご覧ください。
  → 平成26年度地域型住宅ブランド化事業のページ