図解:住宅ローン総利息-条件別シミュレーション総括図

金利の差、返済期間の差、借入額の差によって利息はどう変わるか?

 金利の差、返済期間の差、借入額の差で利息負担額がどの程度変わってくるのかを感覚として身に付けておくことは、住宅ローンの組み方を検討するうえでとても大切なことです。いちいちシミュレーションしなくても、おおよその利息の動きが頭の中で読めると、イエス・ノーの判断がスムーズに行えます。

 以下の三つの条件で総利息がどのように動くかを総括的に把握できるようにまとめてみます。

金利が0.5%上がると、返済期間が5年延びると、頭金が0円だと、総利息はどの程度増えるのか

 以下のモデルケースで見てみましょう。なお、頭金の比較は500万円確保した場合と比べての比較になります。(頭金0円・・・つまり借入額が500万円多くなった場合の比較になります。)

◆モデルケース
▼住宅購入額3,000万円
▼金利2.5% 完全固定金利
▼返済期間30年
▼元利均等払い


スポンサーリンク




金利が0.5%上がると ・・・・総利息額は約1.2倍! 返済期間が5年延びると・・・総利息額は約1.2倍! 頭金(500万円)がないと・・・総利息額は約1.2倍!

 つまり、このことから以下のことが言えます。

 金利が0.5%上がり、返済期間を5年延ばし、頭金500万円の貯蓄ができないと、総利息額は、1.2×1.2×1.2=約1.73倍になるということです。

 上の表で再度見てみましょう。金利、返済期間、頭金の悪条件が重なると・・・

金利が0.5%上がり、返済期間を5年延ばし、頭金500万円の貯蓄ができないと、総利息額は、1.2×1.2×1.2=約1.73倍になる。

 購入する住宅の価格は変わらないのに、返済条件が変わるだけで約800万円も多く利息を負担することになります。

 金利については自分の努力で動かせるものではありませんが、頭金0円融資が可能だからといって貯蓄を怠ったり、毎月返済額を抑えるために返済期間を安易に長くするといったことは、あなたの資産形成に大きな足枷となることがお分かりいただけたでしょうか。

 金利についても、優遇措置などを最大限利用して、できる限り低い金利で借りられるよう情報をしっかりリサーチしましょう。

今、選択肢から外せない住宅ローン

au住宅ローン

どの銀行も低金利が当たり前・・・そこにどのような付加価値があるのか・・・。

そんな中、消費者にとって見過ごすことのできない価値を提供する住宅ローンがあります。

それは「がんで就業不能」ではなく「がんと診断」で返済をカバーしてくれる無料の付帯保障が付いた住宅ローン。

不動産業者に住宅ローンをお任せする前に、選択肢の一つに含めることをおすすめします。
詳しくは以下で解説。↓↓

>>au住宅ローンメリット・デメリット解説

スポンサーリンク

ポータル関連リンク

このページの先頭へ