図解:住宅ローン総利息-条件別シミュレーション総括図

金利の差、返済期間の差、借入額の差によって利息はどう変わるか?

 金利の差、返済期間の差、借入額の差で利息負担額がどの程度変わってくるのかを感覚として身に付けておくことは、住宅ローンの組み方を検討するうえでとても大切なことです。いちいちシミュレーションしなくても、おおよその利息の動きが頭の中で読めると、イエス・ノーの判断がスムーズに行えます。

 以下の三つの条件で総利息がどのように動くかを総括的に把握できるようにまとめてみます。

金利が0.5%上がると、返済期間が5年延びると、頭金が0円だと、総利息はどの程度増えるのか

 以下のモデルケースで見てみましょう。なお、頭金の比較は500万円確保した場合と比べての比較になります。(頭金0円・・・つまり借入額が500万円多くなった場合の比較になります。)

◆モデルケース
▼住宅購入額3,000万円
▼金利2.5% 完全固定金利
▼返済期間30年
▼元利均等払い


スポンサーリンク




金利が0.5%上がると ・・・・総利息額は約1.2倍! 返済期間が5年延びると・・・総利息額は約1.2倍! 頭金(500万円)がないと・・・総利息額は約1.2倍!

 つまり、このことから以下のことが言えます。

 金利が0.5%上がり、返済期間を5年延ばし、頭金500万円の貯蓄ができないと、総利息額は、1.2×1.2×1.2=約1.73倍になるということです。

 上の表で再度見てみましょう。金利、返済期間、頭金の悪条件が重なると・・・

金利が0.5%上がり、返済期間を5年延ばし、頭金500万円の貯蓄ができないと、総利息額は、1.2×1.2×1.2=約1.73倍になる。

 購入する住宅の価格は変わらないのに、返済条件が変わるだけで約800万円も多く利息を負担することになります。

 金利については自分の努力で動かせるものではありませんが、頭金0円融資が可能だからといって貯蓄を怠ったり、毎月返済額を抑えるために返済期間を安易に長くするといったことは、あなたの資産形成に大きな足枷となることがお分かりいただけたでしょうか。

 金利についても、優遇措置などを最大限利用して、できる限り低い金利で借りられるよう情報をしっかりリサーチしましょう。

スポンサーリンク

おすすめの住宅ローン選び

管理人より住宅ローンは必ず自分で決めましょう。

住宅ローンを不動産会社や住宅メーカーにおまかせで決めてしまう方がいまだに多いのがとても残念に思います。おまかせは楽ですが、自分で何も検討しないのは、見えざる負担を一生負い続ける危険があるのです。「面倒な手続きは一度!利息負担は一生!」です。


業者に住宅ローンを任せてしまおうと考えているあなた・・ちょっと待ってください。「違いがよくわからない、時間がない、調べるのが面倒」という方のために、おすすめをピックアップしてみました。

「住宅本舗」の住宅ローン一括仮審査申込 金利、手数料、総返済額をじっくり比べて選ぶ

住宅本舗

この一括仮審査申込は低金利で定評のネット専業銀行の金利・総利息を比較でき、一度の手間で複数の銀行に仮審査を申請できるサービスです。あなたが不動産業者から勧められた提携ローンにお任せする前に一度比べてみてください。やっていただきたいのはまずこれです。 「比べる手間が少ない、金額のメリットもある、なおかつ、万が一の審査不合格にも備えられる」ので、慣れない消費者にとってはとてもありがたいサービスです。不動産業者にお任せする前に検討してみてはいかがでしょうか。

特徴1低金利のネット専業銀行の諸費用、総返済額が一覧で比較できる。
特徴2「複数」の金融機関の一括仮審査申込が一度の手間でできる。
新規融資・借り換え融資○ 新規借り換えどちらも利用可能
一括審査申込手数料無料
利用者数既に20,000人以上の方が利用しています。

>>一括審査申込の詳細を見てみる

このページの先頭へ