住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

住まいのお得情報の総合案内 家を建てる・買う・リフォーム する方必見のお得情報 住まいのお得情報の総合案内 家を建てる・買う・リフォーム する方必見のお得情報
2022エコリフォーム|住宅エコリフォーム推進事業の解説

2022住宅エコリフォーム(最大51万円の補助金)制度の分かりやすい解説 |ZEHレベルの省エネ支援-住宅エコリフォーム推進事業

ここでは、2022年9月14日より申請が始まった、省エネリフォーム、もしくは、建替えで補助金が受けられる「住宅エコリフォーム推進事業」について、全体概要、補助要件などを、ポイントを絞ってわかりやすく紹介します。 住宅エコ […]
次世代省エネ建材リフォームで最大400万円補助 2022年度次世代省エネ建材の実証支援事業の概要

2022省エネ改修(次世代建材)補助金(400万円) の早わかり解説 | 次世代省エネ建材の実証支援事業の概要

この事業は、マイホームに高性能な断熱材や蓄熱・調湿などの次世代省エネ建材を用いてリフォームを行う場合に、国の補助金が交付されるものです。ここでは補助制度の概要についてわかりやすくお伝えします。 なお、この事業は、既存の外 […]
長期優良 ZEH 低炭素住宅で補助金90~140万円 2022年度地域型住宅グリーン化事業の解説

2022長期優良住宅の補助金(140万円)の解説-ZEH・低炭素住宅も対象 |地域型住宅グリーン化事業の概要

前年度に引き続き、2022年度も「地域型住宅グリーン化事業」が実施されます。 この事業は、長期優良住宅・ZEH・低炭素住宅といった省エネルギー性能等に優れた木造住宅を、新築・購入する場合に対して補助金が交付されるものです […]
ZEH:ゼッチで55万円補助 2022(令和4)年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の概要

2022ゼッチ(ZEH)補助金(55万円)制度の早わかり解説 | ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の概要

ここでは、2022年度のZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)に対する補助事業の概要について紹介します。 ZEHゼッチとは、かんたんにいうと、エネルギー収支が概ね0となる住宅・・・つまり太陽光で発電したエネルギーと、消費エネ […]
2022年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助金最大250万円

2022 長期優良住宅へのリフォームで最大250万円の補助金 | 長期優良住宅化リフォーム推進事業の解説

この補助金制度は、「耐久性があり、地震に強く、省エネ性が高く、維持管理がしやすい」…住宅を長く大切に使うための長期優良住宅化リフォームをする場合、その工事費等の一部に対し国が補助するものです。令和4年度も引き続き、新たな […]
2021省エネ改修補助金120万円 既存住宅における断熱リフォーム支援事業の概要

2022省エネ改修補助金(120万円) の解説 既存住宅における断熱リフォーム支援事業の概要

今年度も引き続き実施される「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(旧呼称「断熱リノベ」)は、一定の要件を満たす断熱改修に対し国の補助金が交付されるものです。ここでは、この補助制度の概要についてわかりやすく説明します。 […]
2022省エネリフォーム|こどもみらい住宅支援事業の解説

2022省エネリフォーム補助金 最大60万円| こどもみらい住宅支援事業の早わかり解説

ここでは、2022年に本格実施となる、省エネリフォームの補助金制度:こどもみらい住宅支援事業について、全体概要、補助要件などを、ポイントを絞ってわかりやすく紹介します。 なお、このページは「リフォーム」についての説明とな […]
こどもみらい住宅支援事業の解説

こどもみらい住宅支援事業2022の早わかり解説 |子育て・若者夫婦世帯への省エネ住宅補助金 60万円~

ここでは、2022年に本格実施となる省エネ住宅への補助金制度:こどもみらい住宅支援事業について、全体概要、補助要件など、ポイントを絞ってわかりやすく紹介します。 なお、このページは「新築」に関する説明となります。リフォー […]
認定長期優良住宅の登録免許税の税率軽減措置の解説

2022(令和4年)長期優良住宅の登録免許税の軽減措置のわかりやすい解説&減税額計算例

長期優良住宅として認定を受けた住宅の登記の際に必要な登録免許税が、通常の住宅よりも優遇されます。しかし、一般の住宅自体がすでに優遇されており、長期優良住宅の認定を受けることによる優遇はそれほど大きなものではありません。
住宅用家屋の登録免許税の税率軽減措置の解説

2022(R4)年 住宅の登録免許税の軽減額の計算例と制度の解説

一般住宅の不動産登記に係る登録免許税の軽減措置が平成27年3月31日から2年間延長され平成29年3月31までの取得について、従来どおりの税率で軽減措置が継続することとなっています。実際にどれほどの減税効果があるのかを見てみましょう。
低炭素住宅 住宅ローン減税 投資型減税 年間最大35万円控除×13年または最大65万円

低炭素住宅の住宅ローン減税および投資型減税の減税額早見表・解説 2022(令和4年)

ここでは、認定低炭素住宅の住宅ローン減税、投資型減税の概要、実際の減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする認定低炭素住宅。メリットの恩恵は?そのあたりを、実際の算定例から見ていきます。