「フラット35S」タグの記事一覧

スポンサーリンク

フラット35Sのわかりやすい解説‐2017 フラット35との違い、返済比較シミュレーション

flat35s-kaisetsu
民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する最長35年の全期間固定金利のフラット35・・・この金利が一定期間引下げられるフラット35について解説します。

  • フラット35とフラット35は何が違うの?
  • フラット35はどれくらいお得なの?
  • どんな条件を満たせばいいの?

これらについて、具体的なシミュレーションとともに、わかりやすく図で説明していきます。

優遇内容は毎年変わりますが、今年度も実施されるフラット35・・・もし長期金利を検討するなら、よりお得な商品を選択したいものです。

みなさんの選択肢の一つとして、参考にしていただければと思います。

フラット35-35S の金利優遇効果 比較シミュレーション 2016

最新のフラット35Sの詳しい解説については以下をご覧ください。
↓↓↓

2016(平成28年)のフラット35の概要
金利プラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅
フラット35
金利Aプラン
当初10年間 フラット35の金利から
年▲0.3%
フラット35
金利Bプラン
当初5年間

 平成28年のフラット35は、平成27年度と同様、「金利Aプラン」「金利Bプラン」として継続します。

 今年のフラット35について、各金利タイプごとにプラン概要、及び各タイプの利用条件を整理しましたので以下をご覧ください。
 なお、この優遇措置は平成29年3月31日までの申し込み受付分に適用(予算に達する見込みの場合は受付終了)されることとなります。

 より高い性能基準を満たす住宅には金利優遇を付与する制度ですが、今年は前年(平成27年)の制度拡充が平成28年1月29日受付分で終了し、通常のフラット35に対しての引下げ金利が0.6%だったのが、0.3%引下げへ戻る形となりました。

 モデルケースで各タイプの金利引き下げ効果がどの程度かを見てみましょう。

フラット35S の金利優遇効果 シミュレーション 2015

平成28年度のフラット35Sの新たな制度はこちら
フラット35Sの金利優遇効果 シミュレーション 2016

2015(平成27年)のフラット35の概要
金利プラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅
フラット35
金利Aプラン
当初10年間 フラット35の金利から
年▲0.6%
フラット35
金利Bプラン
当初5年間

※平成27年2月9日以降の資金受取り分から平成28年1月29日までの申込分に適用(予算に達した場合は受付終了)

 平成27年のフラット35は、平成26年度と同様、「金利Aタイプ」「金利Bタイプ」として継続することとなりました。

 今年のフラット35について、各金利タイプごとにプラン概要、及び各タイプの利用条件を整理しましたので以下をご覧ください。
 なお、この優遇措置は平成28年1月29日までの申し込み分に適用されることとなります。

 より高い性能基準を満たす住宅には金利優遇を付与する考え方は従来と変わりません。今年は前年度よりさらに0.3%引き下げ幅が拡大され、通常のフラット35に対して金利が0.6%優遇となります。

 モデルケースで各タイプの金利引き下げ効果がどの程度かを見てみましょう。

フラット35S 2014(平成26年度)の金利優遇効果 シミュレーション

平成27年度のフラット35Sの新たな制度はこちら
フラット35Sの金利優遇効果 シミュレーション 2015

フラット35Sの平成26年度の新制度

2014(平成26年度)のフラット35Sの概要
金利引き下げプラン 金利引下げ期間 金利引下げ幅
フラット35S
金利Aプラン
当初10年間 フラット35の金利から
年▲0.3%
フラット35S
金利Bプラン
当初5年間

※平成26年4月1日から平成27年3月31日までの申込分に適用(予算に達した場合は受付終了)

 平成26年度のフラット35Sは、平成25年度と同様、「金利Aタイプ」「金利Bタイプ」として継続することとなりました。

 平成26年度のフラット35Sについて、各金利タイプごとにプラン概要、及び各タイプの利用条件を図解しましたので以下をご覧ください。
 なお、フラット35Sは平成27年3月31日までの申し込み分に適用されることとなります。

 より高い性能基準を満たす住宅には金利優遇を付与する考え方は従来と変わりません。今年度も通常のフラット35に対して金利が0.3%優遇となります。
 モデルケースで各タイプの金利引き下げ効果がどの程度かを見てみましょう。

緊急経済対策 住宅ローン金利優遇-フラット35S 1%引下げの効果比較

平成25年度のフラット35Sの新たな制度はこちら
フラット35Sの金利優遇効果 図解徹底比較 2013

緊急経済対策による1%金利引き下げとは?

 「明日の安心と成長のための緊急経済対策」における制度改正によって、優良住宅取得支援制度フラット35Sにおける当初10年間の金利引下げ幅が現行の0.3%から1.0%に拡大されることになりました。

 平成22年2月15日に資金を受け取られる方から実施され、平成23年9月30日までにお申し込みされる方に適用する時限措置となっています。(申し込み多数につき当初12月30日の申し込み期限が9月30日に前倒しとなりました。)

 フラット35S>を利用することが条件>となるわけですが、フラット35Sを利用するには、通常のフラット35の基準に加え、省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性・耐久性の4つの優れた性能の内、いずれか一つの基準を満たすことが条件となります。

▼フラット35Sについての詳細はコチラをご覧ください。

 モデルケースで緊急経済対策による1%金利引き下げの効果がどの程度なのかを見てみましょう。

金利1%引下げの効果-通常のフラット35との返済差額は?

緊急経済対策によりフラット35Sの金利引き下げ幅が通常の0.3%から1.0%に拡大! フラット35と比べ、総利息額は317万円お得に!

フラット35、フラット35Sを利用するための利用条件・技術基準

このページの先頭へ