「リスク分散」タグの記事一覧

スポンサーリンク

変動型金利か?固定型金利か? 悩んだときの究極の答えは!

変動か固定か? 究極の答えはリスク分散

 変動型金利と完全固定型金利、両者のメリットをそれぞれ比較していかがだったでしょうか。どちらも一長一短あり、考えれば考えるほど出口が見えなくなってしまいます。

 自分の選択が正しかったかどうかは、返済が終了してみないとわかりませんが、返済が終了するころには、過去の選択を振り返ってもしょうがない気もしますし、やはり、住宅ローンを組む前にしっかりとした自己納得性を築いておく必要があります。

 利息負担額の大小だけではない選択の考え方があることもご理解いただけたと思いますが、住宅ローンを組む際の重要な視点は、やはり余分な利息の支払いを最小限に向かわせるということです。

 しかし、一刀両断的に変動か固定かをスパッと決めることはなかなか難しい面があります。専門家でもはっきりと断定はできないのですから・・・。

 そこで、どうしても両者の選択に迷う場合は変動金利と固定金利の両者どちらも選ぶという方法があります。

 それぞれにリスクがあるわけですから、それを半分ずつとって、リスクを分散させるという方式です。そして、金利の変動によって不利になった方の繰上げ返済を優先し、利息負担を減らしていきます。

 つまり、金利が上昇基調なら変動金利で借り入れた分を繰上げ返済し、金利が下降基調なら、完全固定型で借り入れた分を繰上げ返済するのです。

 こうすることによって、半分はおいしいとこ取りができますので、一か八かに賭けるよりも確実なリスク分散が期待できます。実際、このような返済方式に対する消費者ニーズに呼応するように、両者の返済方法を同一金融機関で選択できる商品も出ています。

 どうしても決めかねる場合は、この方式を検討してみてください。

変動金利と固定金利-どちらか迷ったら・・・どちらも半分ずつ借りる 変動金利が低調なら固定金利借入れ分を繰り上げ返済、変動金利が固定金利を超えたら変動金利借入れ分を繰り上げ返済

このページの先頭へ