「頭金」タグの記事一覧

スポンサーリンク

住宅ローン金利が上昇した場合どうする?―今すぐ買う? 1年待つ?

金利上昇期の住宅取得のタイミングは?

 住宅ローン金利が上昇トレンドを示した場合、住宅購入を控えている方はどのように対応すべきでしょうか。

 もう少し先にと考えていたマイホーム購入を前倒ししたほうが良いのか?それとも頭金をできる限り貯めながら様子を静観した方がよいのでしょうか?

 今後の住宅ローンの金利上昇を決定付ける根拠はないのですが、上昇の先行き感は常にぬぐえないものです。

 そんな中、長期固定型金利を検討している方にとっては、住宅ローンを早めに借りた方がいいのか、金利の状況を見ながら、頭金を貯めて少しでも借入元金を減らした方がいいのかという問題が出てきます。これ以上は下がらないというほどの低金利時代であればなおさらです。

頭金を貯めるとどの程度返済利息額が縮減できるか?

 住宅ローンを借りるときは、頭金を多めに用意して借入額をなるべく少なくするのがよいとされています。まず、頭金を貯めていった場合の総返済利息についてみてみましょう。(ケース1)

 借入金3,000万円、償還期間35年、現在金利2.2%としたとき、金利が5年間変わらないとすれば、頭金を貯めれば貯めるほど、当然借入元金が減るので総返済利息額は減少します。毎年100万円を貯蓄できたとして、5年後500万円の頭金を貯めたとすると、総返済利息額は387万円も縮減できることになります。

金利が変わらなければ、頭金を貯めるほど利息額は減少。当初借り入れよりも387万円節約!

頭金の差による返済額への影響―頭金100万円当たりの利息負担の比較

 頭金の違いがどの程度利息負担に影響があるかを体で感じていただきましょう。この感覚は、住宅ローンの比較検討を自分の頭の中でスムーズ行うために必要な大切な勘所の一つです。

頭金の違いによってトータルのローン利息額、(つまり金融機関の利益)がどのように変わるかをご確認ください。

頭金が違うと・・・

基本検討条件
▼住宅購入価格3,000万円
▼返済期間30年
▼金利2.5%
▼元利金等払い
▼ボーナス負担率20%
頭金500万円 頭金250万円 頭金0円
借入額2,500万円 借入額2,750万円 借入額3,000万円
毎月返済8万円 毎月返済8万7千円 毎月返済9万5千円
ボーナス返済11万9千円 ボーナス返済13万1千円 ボーナス返済14万3千円
総返済額
3,559万円
総返済額
3,915万円
総返済額
4,271万円
ローン利息
1,059万円
ローン利息
1,165万円
ローン利息
1,271万円

頭金100万円あたり、約42万円ローン利息額が増える計算になります。

頭金500万円の場合と頭金0円
の場合の利息負担額の差は総額212万円

 頭金500万円の場合と、頭金0円の場合とのローン利息額の差額212万円を月当たりの返済額にすると、5,888円/月の負担増となります。

 あまり大きな差に感じないかもしれませんが、毎月5,888円を余計に支払うと考えるとかなりの負担に感じませんか?これは元金ではありませんよ。金融機関の利益・・・つまり利息です。それを30年間です・・・。

頭金を貯めるべきか、今すぐ住宅ローンを組むべきかーライフプラン比較

頭金を貯める場合と頭金なしでローンを組む場合のライフプラン比較

 住宅ローンの頭金を確保するということはとても大切なことですが、必ず頭金を貯めなければいけないのでしょうか。そして、貯めるとすれば2割は貯めなければいけないのでしょうか。

 一般的にはセオリーとされていますが、必ず守らなければならないということではありません。あなたのライフプランに照らしてその額がいくらが適正なのかを見極め、リスクを把握した上で選択することが大切なのです。

 頭金が多ければ多いほど、金利負担額は減りますが、返済負担額の多寡で全てを決めてしまうのは、あなたの人生設計や家族の幸福を考えたとき、必ずしもベストな選択とならない場合があります。

 まずは、同じ住宅を購入するという条件で、頭金を貯める場合と、そうでない場合のライフプランをそれぞれ見てみましょう。

ライフプラン比較の検討条件

主人30歳、妻28歳、子供2人(6歳、3歳)
住宅価格3,000万円、貯蓄なし、金利3%
元利金等払、月額返済額約9万円

① 頭金を貯めて10年後にマイホームを購入する場合→フレッシュな時期を家族で過ごせないが、総負担額は抑えられる。 ② 頭金を貯めずに今すぐマイホームを購入する場合→フレッシュな時期を家族で過ごせるが、総負担額は増える

 上図は、同じ金額の住宅を購入しているのに、住宅ローンを組む際に頭金がある場合とない場合とで、これだけの差があるということを、概念的に示しています。

①の頭金500万円を貯めた場合と ②の頭金が無い場合の総金利手数料の差は、1854万円-1298万円=556万円となります。

つまり、上図の例でいうと、頭金(この場合500万円)がない場合、銀行に手数料(銀行の収益)を556万円多く支払っているということになります。

 ただし、上記の例は、毎月返済額9万円以内という条件と、ボーナス負担率の著しい増加を避けるといった現実面を考慮し、返済期間を①よりも5年間長くしているので、そのことによる総金利手数料の増加も含まれています。

 ちなみに、期間延長せず、ボーナス負担率を上げた場合の総金利手数料の差は261万円です。(その場合の毎月返済額は8万9千円、ボーナス時22万9千円)

 つまり、頭金500万円の有無による純粋な総金利手数料の差は261万円ということです。

さあ、①と②のどちらを選ぶべきでしょう。

 どちらが正しいということはありません。答えは、あなたのリスク管理の考え方によって決まるのです。充実期をとるか、利息負担の安い方をとるかは、あなたの人生で何を重視するかで決まります。

このページの先頭へ