注文住宅の間取り作成・相見積り一括依頼サービスは安心して利用できますか?しつこい営業は?

複数の住宅会社へ一括して見積りや間取り提案を依頼できるタウンライフ家づくりは、安心して利用できますか?しつこい営業などは?

しつこい営業などの不安はありません。インターネットでの資料請求という位置づけです。

タウンライフ家づくり

間取り作成、見積り一括依頼サービス―タウンライフ家づくりってどうなの?

お住まいの地域のハウスメーカーなどから、一括して見積り・間取り提案のサービスが受けられるサービスがあります。

その中で、タウンライフ家づくりの評判はどうですか?という問い合わせをよく受けるので、ここでは、そのサービスの特徴についてくわしく紹介したいと思います。

「目次」タウンライフ家づくり 無料一括依頼サービスの検証

  1. このサービスのメリットは?
  2. 実際にサービスを利用してみました
  3. 各ハウスメーカーの間取りを比較!
  4. 面倒な営業トークはないの?
  5. 住宅展示場で依頼する場合と何が違うの?
  6. 第三者的なアドバイスはもらえるの?

これらについて、利用経験も踏まえお答えしましょう。

タウンライフ家づくりのサービス概要

「タウンライフ家づくり」は、あなたの地元の住宅メーカー複数社に、同時に「資料請求」を依頼することができるというものです。
インターネットで、時間もかからず、無料でというのが大きな特徴です。

1.メリットは?

依頼の負担がとても少ない

各社の比較にあたって必要なプラン作成や見積りの依頼作業・・・これがかんたんにできるというのが、このサービスのメリットです。

入力フォームにそって必要事項を記入するだけで、数社との対面や電話連絡が省略できるので、依頼にかかる時間的・精神的な負担を減らしてくれるというのが特徴です。

具体的には、

  • コスト削減につながる
  • 住宅の性能と価格の関係がわかり、相場観ができる
  • プラン比較によって、新しい発想や間取り上の問題点に気づく
  • 住宅メーカーとの相性や対応力の確認が行える

こういった比較によるメリットが、負担なく得られるということですね。

間取りプランの作成をかんたんに依頼できる

依頼をすると、間取り図(ラフプラン)が届きます。
この間取り図がかんたんに入手できるというのがこのサービスの最大のメリットといえるでしょう。

タウンライフプランニングの例

実は間取りは大変難しく、素人さんの描いた間取りはたいていの場合、成り立たないことが多いものです。

もちろん、自分で考えることは勉強になるのですが、希望と制約の間を調整しながら間取りを作成する作業は、実はかなりのエネルギーを要します。

このむずかしさを考えると、自分の希望に応じたプロの間取りが、家づくりのスタート段階で自宅で手軽に入手できるのは、とても大きな意味があります。

自分で間取りを考えるより、この間取りをベースに、家族で意見を出し合い、自分たちに合ったプランに修正していく方が効率的ですね。

2.実際にサービスを利用してみました・・・

間取り作成と見積りの依頼を実際にやってみました。

申込みの流れは、

地域選択

入力フォームに間取りの条件などを入力、依頼する住宅メーカーを選択し、依頼ボタンクリック

申込み完了

という感じで、入力自体は5分程度で済みます。

※土地の図面(寸法・方位・前面道路の幅)があれば、画像ファイルを添付します。

実際の入力画面

タウンライフ家づくり入力内容

間取りの要望事項を入力して、依頼ボタンをクリック。

タウンライフ家づくり申込み完了

これで申し込みは完了です。

3日後・・・

1番早いハウスメーカーから間取り図(ラフプラン)が電子メールで届きました。
なかなか早いですね・・・。

タウンライフ家づくりプラン1

その後も、他のハウスメーカーからプラン、概算見積りが届きました。

ラフプランですが、こちらの希望に沿った間取りが電子メールで届くのはありがたいですね。

ただ、カタログのみしか送っていただけない住宅メーカーもありました。
(このあたりは、地域や各支店の違い、繁忙の度合いによって対応が異なるようです。)

次に、提案してもらった間取りの中からピックアップして、その違いを比較紹介してみたいと思います。

3.各ハウスメーカーの間取りを比較!

それでは、実際に提案していただいたプランについて比較してみましょう。
私の方で、間取りを写し書きし、解説を加えました。

ハウスメーカーによってプランが大きく異なるということを皆さんに知っていただければと思います。

ちなみに、私が依頼時に入力フォームに記入したプランに対する要望は以下の通りです。

間取りの要望事項

  • 世帯数:1世帯住宅
  • 階数:平屋建て
  • 人数:大人2人、子0人
  • LDKタイプ:2LDK
  • 家の広さ:25坪くらい
  • LDKの広さ:15畳くらい
  • 水周り:使い勝手を重視したい
  • その他間取りに対する希望(自由入力)
    ・玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸(パントリー)が欲しい(1坪くらい)。
    ・洗濯物が干せる屋根つきのウッドデッキ(2坪くらい)が欲しい。
    ・2つの洋室の内、1つの洋室から洗面やトイレにすぐアクセスできる間取りにしたい。

この内、以下の3点の要望の達成度について、検証したいと思います。

要望の達成度チェック事項

①水周りの使い勝手を重視したい
②玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸(パントリー)が欲しい(1坪くらい)。
③2つの洋室の内の1つから洗面やトイレにすぐアクセスできる間取りにしたい。

案1 ハウスメーカー Ⅰ の場合

タウンライフ家づくり 案1(ハウスメーカー I)提案力チェック

案2 ハウスメーカー S の場合

タウンライフ家づくり 案2(ハウスメーカー S)提案力チェック

比較結果

要望の②については、重たいお米やお酒、飲料水や常温保存の食品を玄関からすぐに搬入でき、それをキッチンからすぐに取り出せると便利なので、そのような意図で要望したものです。

これについては2案目のハウスメーカーSの方が使い勝手が良いのがわかります。

また、要望③については、高齢になった時、夫婦のどちらかが、頻回なトイレ通いや、介護・介助などがしやすいよう、寝床からトイレ・洗面・浴室にすぐに行けるようにしたいという意図で要望したものです。

これについても、2案目のハウスメーカーSの方が使いやすいのが明らかですね。

このように、全く同じ条件で依頼しても、プランや要望に対する応答性が大きく違うことがわかります。

「施主の満足とは何か?」を真剣に考え、要望の意図や真意をくみ取る姿勢はハウスメーカーSに軍配がありそうですね。
そして、こういった姿勢は、そのまま業者の信頼性に通ずるものになってきます。

間取りの比較は、自分たちに合った最適な間取りを考えるベースとなるばかりでなく、ハウスメーカーの対応力や信頼性のチェックにもなることがわかります。

4.面倒な営業トークはないの?

いきなり同時に電話がかかってくるのでは?

いきなり一気に電話が来ることはありません。

中古車買い取りや引っ越し見積りの一括サービスのように、申し込んだ瞬間に一斉に電話がなるということはありえません。

それらの業界は、最初に電話をつないだ会社が高い確率で成約する・・つまり早い者勝ちの勝負だからです。

住宅の購入や契約は、早い者勝ちの世界ではありませんので、いきなり電話がなるなどはありません。

しつこい営業はないの?

強い売込みや、しつこい営業はありません。これは、やはり依頼がインターネットという媒体の性格による理由が大きいといえます。

このサービスのシステム上、初めから他社と比較されていることが業者も分かっていますし、インターネット経由のお客さんに最初から大きな期待を寄せていないという姿勢が多いのです。

ある住宅メーカーさんの場合は、電話連絡もなく、まず最初に電子メールで間取りプランが届きました。
ご興味があれば、ご検討くださいといったスタンスですね。

ハウスメーカーからの売り込み電話は全くありませんでした。

このあたりは、各業者で温度差があるところだとは思いますが、不快感を覚えるような営業を受ける心配はないでしょう。

必ず話を聞かなければいけないの?

理想的な業者に出会えれば良いのですが、全く理想と合わない場合、話を聞く義務、契約の義務などは全くありません。

本当に費用はかからないの?

サイト利用料、資料代など一切費用はかかりませんし、話を断ったからといって何かを請求されることもありません。
また、仮に契約となったとしても、仲介手数料といった費用もかかりません。

5.住宅展示場で住宅メーカーに依頼する場合と何が違うの?

このサービスは「タウンライフ家づくり」というサイトを通じて住宅メーカーに資料請求ができるというものです。

住宅展示場で依頼する場合と違う点は、

  • 対面することなく複数社に同時依頼できる

という点です。

一方、

  • 参入住宅メーカーが審査されている
  • 利用に料金はかからない

という点では住宅展示場と変わりはありません。

つまり、
直接住宅メーカーと会って話を聞いてから資料請求するのか・・・

インターネットで資料請求したあとで、話したい業者と話しをするのか・・・

というのが大きな違いになります。

6.第三者的なアドバイスはもらえるの?

各社から資料で比較検討する際、いろいろと疑問点や聞きたいことなどが出てきます。

その時、住宅メーカーに直接聞くのではなく、第三者的な立場からアドバイスを聞きたいところですが、残念ながらそのようなサービスは用意されていません。

やはり、ここは無料サービスの限界といえるでしょう。

まとめ

このサービスは、

  • 無料で気軽に依頼できる
  • 間取りや費用が自宅で比較できる

という点が、家づくりの精神的負担を大きく減らしてくれます。

いきなり住宅展示場へ行って、営業トークに翻弄され、心にゆとりを持って判断できないというのは気が重いものです。

なので、家づくりのスタートとして活用するには向いているといえるでしょう。


一方、

  • 住宅メーカーによって資料の提供方法がまちまちである
  • あなたの地域のすべての住宅メーカーがこのサービスに参入しているわけではない

という点がありますので、あくまでも情報収集方法の一つであると考え、最終的には、住宅展示場、モデルハウス、インターネット、雑誌、口コミ掲示板、実際に建てた人に直接聞く・・・これらの情報をバランスよくとりながら家づくりをすすめることが大切です。


負担なく家づくりを始める方法の一つとして利用できます。



このページの先頭へ