複数の住宅会社へ一括して見積りや間取り提案を依頼できるタウンライフ家づくりは、いろんな評判があるようですが、安心して利用できますか?

満足度が高いという評価もありますが、ハウスメーカーによっては期待と現実にギャップがある場合があります。利用上の注意点をお伝えします。

タウンライフ家づくり

間取り作成、見積り一括依頼サービス―タウンライフ家づくりの評判ってどうなの?

お住まいの地域のハウスメーカーなどから、一括して見積りや間取りの提案が受けられるサービス…タウンライフ家づくり。このサービスには 以下のような評判があるけどどうなのか?といった疑問をお持ちの方が多いと思います。

ここでは、これについてくわしく実情を解説し、体験レビュー、利用上の注意点などについてお伝えます。

よくある評判

  • 資料(間取り)が送られてこない・・・
  • 依頼したい大手ハウスメーカーが候補にない・・・
  • 営業電話が来る
ナオミ普通

このような評判があるようですが、いったいどうなんでしょうか?

けん

まずは、結論からお伝えしましょう。

結論
結論
  • 基本はワンクリックで間取りが届きますが、そうではないハウスメーカーもあります。
  • 大手ハウスメーカーが不参入の地域があり、依頼できない場合があります。
  • 基本はメールでやりとりできますが、電話が来ないとはいえません。
ナオミ普通

評判通りのこともあるということですね?逆に、よい評判もあるんですか?

けん

はい、よい評判もあります。なぜそのような両方の評判が立つのか…利用価値はあるのか…利用時の注意点は…それらについて、体験を踏まえてくわして解説します。

1.タウンライフ家づくりのサービス概要

まずは、このサービスの概要と、メリットを見てみましょう。

「タウンライフ家づくり」は、あなたの地元の住宅メーカー複数社に、間取りプランや見積りなどの「資料請求」を同時に依頼することができるというものです。
同じことを何度も説明する必要がなく、自宅でできる、そして無料というのが特徴です。

タウンライフ家づくり利用の流れ

後日ハウスメーカーから資料が届きます

2.期待されるメリットと注意点について

このサービスには以下のようなメリットが期待されます。

期待されるメリット
①依頼時の負担が少ない
②自宅でプラン比較ができる
③自宅でコスト比較ができる
④費用がかからない

これらの結果として、家づくりの検討が効率よく進むというものですが、実態としてはどうなのでしょうか? このメリットのそれぞれについて、現実面留意点を検証していきます。

①依頼の負担は少ないが、その後の代行はない

依頼の仕方は、入力フォームに住宅の規模やプラン上の要望事項を記入し、依頼先を選択するだけです。確かに、どこにも出向かずに数社との対面や電話連絡が省略できるので、依頼にかかる時間的・精神的な負担は少ないといえるでしょう。

ただし、以下の点に留意が必要です。

依頼後は、ハウスメーカーと直接やりとり

このサービスは、タウンライフ家づくりのサイトが、あなたに代わって家づくりの希望条件をハウスメーカー各社に伝達してくれるというものです。ここで大切なことはタウンライフ家づくりの役割はそこまでであるということです。

つまり、タウンライフ家づくりのサイトが、ハウスメーカー各社の提案資料を全てをとりまとめて、あなたに届てくれるわけではありません。

タウンライフ家づくりが資料をまとめて届けるのではなく、各ハウスメーカーからあなたに直接届く

タウンライフ家づくりが資料をとりまとめるのではなく、各ハウスメーカーから直接届く。

タウンライフ家づくりのサイトは、ハウスメーカーへ情報提供を行うだけで、家づくりに関して依頼者の相談に応じたり、ハウスメーカーとの間に入って、調整などを代行してくれるわけではありません。

お断りは自分自身で

タウンライフ家づくりのサイトは、そのような立場なので、ハウスメーカーのお断りなども代行しません。

no thank you資料をもらった後は、あなたから連絡をしなければ、自然とフェードアウトするのが通常です。中には、ハウスメーカーから、その後の家づくりの進捗状況について、たずねられることもあるでしょう。その時のお断りは、自分自身でていねいに返信する必要があります。

依頼する時の負担はありませんが、その後はハウスメーカーとのやりとりを自分自身で行うこととなるため、むやみに依頼先の数を増やすのはお勧めできません。依頼する場合は、本当に興味のあるハウスメーカーに限定することが大切です。

②自宅でプラン比較ができるが、すぐに届かないことも…

タウンライフプランニングの例依頼をすると、間取り図(ラフプラン)が届きます。この間取りプランが自宅にいながら入手できるというのがこのサービスの大きな特徴です。

ハウスメーカーが基本的な間取りプランを作成するときは、通常は対面打合せをし、様々な要望を聞き取った上で作成します。

そうした打合せを各社といちいちすることなく、インターネットで一度の依頼で複数社に同じ条件で間取りプランの作成を依頼できるのは確かに画期的といえるでしょう。

ただし、以下に留意する必要があります。

提案プランはそれなり

一度も打合せをせずに作成された間取りですから、プランの完成度に大きな期待をしないことが大切です。なぜなら、本来、間取りというのは、プランへの要望の元となっている本当の理由を、打合せを通して明確にする作業が必要だからです。

例えば、「熟睡できる寝室にしたい」といっても、どこにその要望の本質があるのかを、本人も気付けない場合があります。寝苦しい夜が嫌だから北側の寝室がいいと本人は思っていたが、実は寝室の位置ではなく、エアコンに頼らない通風を確保することが、本人の快眠にとって大切なことが打合せを通して気付けたりします。
ヒアリング・提案をくり返しながらの間取りの作成工程

間取り作成は、打合せを通して依頼者の要望の本質を突き止める作業…かんたんにはできません。

このように、プランニングの決断理由は、本当に腑に落ちたものでなければ意味がなく、こうした作業をまるごと省略し、クリック一つの依頼でつくられた間取りに、理想は望めないといえるでしょう。

■たたき台にはなる
ただし、理想から遠いとはいえ、全体ボリュームやプランの方向性は大まかに把握できるため、検討のたたき台にできるメリットはあります。全く手元に何もない状態で、一から自分で間取りを考えるよりも、それをベースに家族で意見を出し合い、自分たちの理想を考える土台にする方が効率的です。

また、ハウスメーカーを1次審査的に比べる材料にもなるでしょう。

ラフプランだからこそ良い面も
じっくり打合わせをし、ガッチリとプランを作りこまれた末に断るのも心の負担が大きいものです。ラフプランであることが互いのメリットになるという側面もあります。

ハウスメーカーによっては、間取りがすぐに届かない場合もある

間取りプランがワンクリックで届く場合もあれば、そうではない場合もあり、各ハウスメーカーごとに対応が異なります。

業務効率が上がらないその理由は、会話もしたことのない顔の見えない相手に、ラフプランとはいえ間取り図を無料で作成し続けることは、ハウスメーカーにとって重い営業負担になるためです。顧客との接点を得るための効率を考えると、力の入れ具合が非常に難しのです。

本来は、他社との競争に勝ち、お客さんのさらなる興味を引き出すため、プランの提案に力を注ぎたいのですが、

例えば、

  • 提案プランを作成し続けても、お客さんの反応がほとんど得られない。
  • 依頼が一気に集中した、また、各支店の担当者の忙しすぎるなどで対応しきれない。
  • 依頼の内容がアバウトすぎて、プラン作成が明らかに徒労に終わると見込まれる。

などのことから、結果として、「もう少し具体的にお話をお聞きした上で、プランを作成させていただけないでしょうか・・・」というように、より自社に興味のあるお客さんに絞り込もうとするハウスメーカーが出てきます。

それが、間取りが届かないという評判を生んでいる一番の理由と考えられます。(こうしたハウスメーカーは、やがて、このサービスからの撤退が予想されます。)

■すぐに届けてくれるハウスメーカー
その一方で、力の入れ具合を加減をしながら、ねばり強くプラン作成を行っているハウスメーカーもあります。そこから、良好な関係に発展する利用者もいるため、↓以下のような好評価があることも事実です。
満足度3冠達成

このように、まったく両極の評価が混在するサービスということがいえるでしょう。よって、ハウスメーカー次第で満足度が変わってくるということを理解しておく必要があります。


ナオミ普通

てっきり、ワンクリックでプランが届くと思っていたのですが・・・。

けん

そうですね。それを前提としたサービスであって、利用者の誰もがそう期待するはずです。

ナオミ普通

プランが届かないというのは、約束違反なのではないですか?

けん

たしかに、利用者の期待通りになっていないという面はあります。しかし、かといって、約束違反とまでは言えないでしょう。

ナオミ普通

でも、間取りと見積りが届くとはっきり書いてるし・・・。

けん

「各社から間取りと見積りが届く」というサービス目的が明確に表示されていますので、そこは約束に当たるといえるでしょう。しかし、その約束を果たすまでの提供方法やタイミングについてまでは、(利用規約上も)明確な規定はありません。

ナオミ普通

手段までは約束していないということですか…。

けん

そうです。つまり、前述のように、すぐにプランを提供できないハウスメーカーが、ワンクッション置いてからプラン提供したいというのは、消費者の期待には沿いませんが、やり方としてダメではないということです。ただ、そのようなハウスメーカーは、当然お客さんの反応を引き出せないという結果が返ってきますので、結果、やがてこのサービスから撤退する可能性が出てくるでしょう。

ナオミ普通

なるほど、ハウスメーカーもいろいろ探りながら頑張っているということですね。

けん

はい。ハウスメーカーに勤務する私の知り合いは、「顧客との接点を得る方法としてはコストに見合わないから、このサービスからは撤退した」と話していました。徒労に終わるプラン作成を数打つよりも、お客さんの話をしっかり聞いてプラン提案することに会社の資源を集中する方が、体力にあっていると判断したためです。

ナオミ納得

まさに、会社次第ということなんですね。

②自宅で見積り比較…しかしすぐには届かない場合も

間取りプランとあわせて資金計画書を提案してくれるというのが、このサービスのもう一つの特徴です。いわゆる三者見積りが一度の依頼でできるというイメージですが、こちらも以下に留意しましょう。

ワンクリックで資金計画書は厳しい

資金計画書とは、建物本体工事だけではなく、付帯工事、土地取得費用、融資や法定手続きなどの諸費用などを全てあわせた総合的な予算書といえるものです。しかし、これらは、ある程度の打合せをして条件が整ってはじめて作成できるもので、ワンクリックで完成を期待するのは難しいでしょう。

もし、ワンクリックの依頼で作るとすれば、間取りプランの規模に坪単価をかけて算定した建物本体工事に、想定の費用を加えた見積りになります。もちろん、地盤改良費、仕上げ・設備のグレード、外構工事費など、調査や打合せ次第で大きく変わりますので、大まかな目安として考える必要があります。

これについても、わからない点が多すぎることから、ハウスメーカーによっては最初から提供してくれない場合もあるでしょう。

④費用はかからないが、個人情報の提供は必須

このサービス利用ついては、以下のような料金を含め、費用は一切かかりません。

  • サイト利用料
  • ハウスメーカーへの依頼代行料、紹介料
  • 成約時の手数料、仲介料
  • ハウスメーカーから提供される間取りプランや資金計画書の作成費用・資料代

タウンライフ家づくりに限らず、雑誌、住宅展示場など、ハウスメーカーと消費者を結ぶ媒体利用にかかる経費は、通常ハウスメーカーの広告費から支払われます。つまり、消費者が支払う代金が原資となっているため、消費者全体でその費用を負担しているという意味では、厳密には無料ではありません。ただし、直接的に上記のような費用を請求されることはありません。

このサービスを利用せずとも、一般的には、間取りプランや見積りは、どの会社も無料で作成するのが普通ですので、「無料」は特別なことではありません。ただし、どのようなルートを通じてもハウスメーカーにこれらを依頼するには個人情報は必要です。

メールでのやりとりも可能だが…

「タウンライフ家づくり」「ハウスメーカー各社」に個人情報を伝えることになります。タウンライフ家づくりの運営会社から広告案内メールが届いたり(解除可能)、ハウスメーカーから連絡がきます。

ハウスメーカーとのやりとりについて、「メールのみ」と依頼時にお願いした場合、多くは応じてくれますが、電話がくるハウスメーカーもゼロではありません。ここはハウスメーカー次第というところですが、この点からも、興味のないハウスメーカーに最初から依頼しないことが肝心といえます。


けん

以上、4つのメリットについて見てみましたがいかがでしたか?

ナオミ普通

なんか、メリットだけを期待していると、がっかりするかもしれないということですね?

けん

そうです。期待値を100%にするのではなく、50%くらいにすると良いかもしれません。

ナオミ納得

それと、あまり興味の無い相手に依頼をしない方がいいということですね。

けん

そうです。あなたが、話を聞いてみたいと思うハウスメーカーが選択候補に出なかった場合は利用しない方がよいでしょう。

3.実際にサービスを利用してみました・・・

それでは、次に、実際に申し込んだ結果について具体的にみてみましょう。

タウンライフ家づくり にアクセスし、家づくり計画書の作成依頼を申し込んでみます。

申込みの流れは、

  1. 地域を選択し、家づくり計画書作成依頼ボタンをクリック

  2. 入力フォームに間取りの希望条件などを入力

  3. 依頼する住宅メーカーを選択し、依頼ボタンクリック

  4. 申込み完了

という感じになります。実際の入力画面をみてみましょう。

まずは、希望の住まいの大きさ、LDKタイプなどを入力します。

実際の入力画面

タウンライフ申込み画面1

次に、間取りの要望事項を入力します。また、土地の図面があれば添付します。

タウンライフ申込み画面2

土地情報について

土地の情報(寸法・前面道路の方位がわかるもの)がなければ、現実に即した間取りがかけませんので伝えることが理想です。土地の図面があればそれを添付し、なければ、「南道路8m、間口10m、奥行き20mの長方形。」といったように、寸法と道路の方位を明示します。

※今回は以下の土地の図面を添付しました。
敷地情報

次に、自分の連絡先などを入力 > 「個人情報の取り扱い及びご利用規約」に同意 > 最後に、依頼したい会社にチェックを付けて依頼ボタンをクリックします。

会社選択-依頼

タウンライフ家づくり申込み完了

これで申し込みは完了です。

3日後・・・

1番早いハウスメーカーから間取り図(ラフプラン)が電子メールで届きました。なかなか早いですね・・・。

タウンライフ家づくりプラン1

その後、もう1社から間取りプランと概算見積りが届きました。見積りについてはアバウトな要望ですから、当然概算レベル(坪数から算定した本体価格程度のもの)になります。残る1社はカタログのみしか送ってもらえませんでした。

資料が完璧にそろうわけではない

ワンクリックで届いた見積りは3社中1社だけです。しかも、地盤改良工事や冷暖房工事、外構工事、家具・カーテン、諸費用などが含まれない費用のため、全体予算をつかむには、さらに打合せと条件設定が必要になるでしょう。よって、ワンクリックで資金計画書を3社比較!というわけにはいきません。

ただ、一応、ワンクリックで間取りプラン2つ届きましたので、参考までにそれぞれの間取りの違いや要求達成度について比べてみましたので紹介します。

4.各ハウスメーカーの間取りを比較!

それでは、実際に提案していただいたプランについて比較してみましょう。私の方で、間取りを写し書きし、解説を加えました。

同じ条件で依頼してもハウスメーカーによって返すプランが異なるということを皆さんに知っていただければと思います。

ちなみに、私が依頼時に入力フォームに記入したプランに対する要望は以下の通りです。

■間取りの要望事項

  • 世帯数:1世帯住宅
  • 階数:平屋建て
  • 人数:大人2人、子0人
  • LDKタイプ:2LDK
  • 家の広さ:25坪くらい
  • LDKの広さ:15畳くらい
  • 水周り:使い勝手を重視したい
  • その他間取りに対する希望(自由入力)
    ・玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸(パントリー)が欲しい(1坪くらい)。
    ・洗濯物が干せる屋根つきのウッドデッキ(2坪くらい)が欲しい。
    ・2つの洋室の内、1つの洋室から洗面やトイレにすぐアクセスできる間取りにしたい。

この内、以下の3点の要望の達成度について、検証したいと思います。

要望の達成度チェック事項
要望①水周りの使い勝手を重視したい
要望②玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸(パントリー)が欲しい(1坪くらい)要望③:2つの洋室の内の1つから洗面やトイレにすぐアクセスできる間取りにしたい

案1 ハウスメーカー Ⅰ プランチェック

タウンライフ家づくり 案1(ハウスメーカー I)プランチェック

案2 ハウスメーカー S プランチェック

タウンライフ家づくり 案2(ハウスメーカー S)プランチェック

比較結果

要望の②玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸が欲しい・・・については、重たいお米やお酒、飲料水や常温保存の食品を玄関からすぐに搬入でき、それをキッチンからすぐに取り出せると便利なので、そのような意図で要望したものです。

これについては提案2のハウスメーカーSの方が使い勝手が良いのがわかります。

また、要望③洋室の1つから洗面やトイレにすぐアクセスできるようにしたい・・・については、高齢になった時、夫婦のどちらかが、頻回なトイレ通いや、介護・介助などがしやすいよう、寝床からトイレ・洗面・浴室にすぐに行けるようにしたいという意図で要望したものです。

これについても、提案2のハウスメーカーSの方が使いやすいのが明らかですね。表にまとめてみます。

要望の達成度チェック

提案1
ハウスメーカーI
提案2
ハウスメーカーS

要望①

水周りの使い勝手を重視したい

要望②

玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸が欲しい

要望③

洋室の1つから洗面やトイレにすぐアクセスできるようにしたい

このように、全く同じ条件で依頼しても、プランや要望に対する応答性が違うことがわかります。

「施主の要望の意図は何か?」を考え、真意をくみ取る姿勢はハウスメーカーSに軍配がありそうですね。そして、こうした点から住宅会社との相性も見えてきそうです。

間取りの比較は、自分たちに合った最適な間取りを考えるベースとなるばかりでなく、ハウスメーカーの対応力や相性のチェックにもなることがわかります。

5.気になるQ&A

ハウスメーカーの電話連絡は来ますか?

今回の利用では、依頼後、ハウスメーカーからメールで資料・連絡が届いたあとは、それ以上こちらから連絡を取らなかったため、ハウスメーカーからの連絡はありませんでした。もちろん電話もありません。

ただ、このあたりは、各会社で温度差があるところなので、ハウスメーカーから「その後家づくりの方は進んでいますでしょうか?」といったメールや電話が来る可能性が無いとはいえません。

ただ、最近のハウスメーカーは、買う気も無い人に強引に電話で営業してくることは少なく、そういう時代ではないことや、お客さんが営業電話を嫌うことも十分承知しています。特に、インターネットを経由してきたお客さんには、初期はメールでやりとりするのが基本と捉えているハウスメーカーは多いでしょう。

大切なことは、はじめから、話もしたくないようなハウスメーカーに依頼しないことです。もし、最初は興味があったが、途中で候補の対象外となった相手から連絡が来た場合は、きちんと以降の連絡をお断りすれば問題ありません。

依頼したいハウスメーカーがないのですが?

前述のように、間取りプランを提供しても反応が得られないなど、さまざまな事情から、会社の営業リソースをこのサービスに割けないと判断したハウスメーカー(またはその支店)は、このサービスから順次撤退していくことになります。

結果として、参入するハウスメーカーが減り、地域によっては「依頼したいハウスメーカーが全く選択できない」という状態になっているものと推定されます。

つまり、このサービスには、全国の全ての会社が参入しているわけではありませんので、このサービスを利用していない住宅会社にも、優良なハウスメーカー、工務店があるということを覚えておく必要があります。

必ず話を聞かなければいけないの?

このサービスは、単に、タウンライフ家づくりのサイトが、あなたの希望と連絡先をハウスメーカーへ伝達するというものです。このサービス利用によって、話を聞く義務、契約の義務などが課されることはありません。

あなたとハウスメーカーとの関係については、あなたが直接ハウスメーカーに連絡するのと何も変わりがありませんので、対等な関係で話を進めれば問題ありません。

同時に何か勝手に契約されていることはありませんか?

タウンライフ家づくりを申し込むと同時に、意図しないサービスの利用契約が勝手に結ばれるということはありません。ただし、個人情報の扱いについては知っておくべきことがあります。

サイト利用時に同意が必要な利用規約には、個人情報の利用目的として、以下のことが記載されています。あとで、「個人情報が勝手に利用されている!」とならないように掲載しておきます。

個人情報の利用目的(一部要旨抜粋)

  • タウンライフ家づくりの運営会社からのメールマガジンの配信。
  • 生命保険契約の提案のため、(株)ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング(※)への情報開示。

※(株)保険の見直し本舗などをグループ企業にもつ保険代理店

なお、この規約の同意によって、契約義務や費用負担が生じることはありません。もし、不要な案内があれば、解除・お断りすれば問題ありません。

不良業者はいないの?

インターネットのサービスであることから、不良業者の不安を感じる方もいるでしょう。ただし、不良不適格業者と遭遇するリスクはあらかじめ排除されています。

例えば、悪徳業者が住宅展示場にモデルハウスを建てたいといっても、会社の信用がなければ無理なのと同じで、タウンライフ家づくりサービスの信用をおとしめるような住宅会社に参入されないよう審査がされています。

さらには、以下に示すような大手ハウスメーカーに限定して依頼するという申込みも用意されています。

タウンライフハウスメーカー一覧

ただ、不良業者がいないからといってトラブルにならないわけではありません。スーパー大手の会社でも施主とのトラブルは抱えているものです。優良な会社であることは最低条件であって、その中から、さらに、あなたと相性が合い、信頼できる相手を絞り込むという作業が必要なのは言うまでもありません。

結局は、住宅展示場でハウスメーカーとコンタクトを取るのと大きな違いはありません。ただ、その接触点がインターネット経由であるという違いがあるだけです。

6.まとめ

このサービスは、

  • 無料で気軽に依頼できる
  • 資料を自宅で比較できる

という点で、家づくりの精神的負担を大きく減らしてくれます。そして、提案資料の間取りプランはそれなりの活用は期待できるでしょう。

現在、以下に示すように、ワンクリックで間取りプランを提供してくれる一括資料請求サービスはタウンライフ家づくりだけです。

■資料請求サービス比較表

資料請求サイト
手軽さ
カタログ
登録業者数
間取り図
見積り
土地提案
リフォーム
解説

手早くカタログのみ取り寄せられる。各住宅会社のデザインや性能、概ねの価格を把握できる。これから家づくりを始める方向け

間取り見積り土地提案が自宅でもらえる。カタログだけではなく具体的な検討も進めながら情報収集したい方向け

登録業者数が圧倒的。住宅会社をさらに探す場合に向く。

しかし、一方、よく聞く評判でも言われていることですが、

  • 住宅メーカーによって資料が届かない
  • 見積りや間取りはあくまで概要レベル

という点がありますので、あまり過大な期待をせず、あくまでも情報収集方法の入り口であると考えておく必要があります。最終的には、モデルハウス、インターネット、雑誌、口コミ掲示板、実際に建てた人に直接聞く・・・これらの情報をバランスよくとりながら家づくりをすすめることが大切です。


家づくりというのは楽しい期待の反面、何から手を付けていいかわからないということがあります。

なので、いきなり住宅展示場へ行ってしまい、営業トークに翻弄され、気持ちにゆとりが持てず、冷静な判断ができなくなったり、心の負担が大きくなってしまう場合があります。

そして、
めんどう→あきらめ→お任せ・・・これが失敗の原因になります。

タウンライフ家づくりは、完璧な資料がワンクリックで全て出そろうというものではありませんが、「なにかに急かされることなく、心に余裕をもってじっくりと判断したい」・・・そのように自分のペースで情報収集をスタートさせたい方にとっては、利用しやすいサービスといえるでしょう。