複数の住宅会社へ一括して見積りや間取り提案を依頼できるタウンライフ家づくりは、いろんな評判があるようですが、安心して利用できますか?

しつこい営業や、不良不適格業者などの不安はありません。間取り図がすぐに届くというメリットも大きいでしょう。ただ、会社によって送付資料の対応に温度差があります。

タウンライフ家づくり

間取り作成、見積り一括依頼サービス―タウンライフ家づくりの評判ってどうなの?

お住まいの地域のハウスメーカーなどから、一括して見積り・間取り提案のサービスが受けられるサービスがあります。

その中で、タウンライフ家づくり のいろいろな評判を聞くけどどうなの?という問い合わせを受けます。

実際にやってみるのが早いということで、このサービスを利用してみました。

ここでは、その結果やサービスの特徴についてくわしく紹介したいと思います。

「目次」タウンライフ家づくり 無料一括依頼サービスの検証

  1. このサービスのメリットは?
  2. 実際にサービスを利用してみました
  3. 各ハウスメーカーの間取りを比較!
  4. 面倒な営業や費用負担はないの?
  5. 不良業者はいないの?
  6. 第三者的なアドバイスはもらえるの?

まずは、このサービスの概要と、メリットを見てみましょう。

タウンライフ家づくりのサービス概要

「タウンライフ家づくり」は、あなたの地元の住宅メーカー複数社に、間取りや見積りといった「資料請求」を同時に依頼することができるというものです。
同じことを何度も説明する必要がなく、自宅でできる、そして無料というのが特徴です。

1.メリットは?

依頼の負担が少ない

各社の比較にあたって必要なプラン作成や見積りの依頼作業・・・これがかんたんにできるというのが、このサービスのメリットです。

入力フォームにそって必要事項を記入するだけで、数社との対面や電話連絡が省略できるので、依頼にかかる時間的・精神的な負担を減らしてくれます。

その他を含め、メリットをまとめてみます。

メリット
  • 依頼時の負担が少ない
  • コスト比較ができる
  • プラン比較ができる
  • 住宅メーカーとの相性や対応力が確認できる
  • 費用がかからない

間取りプランの作成をかんたんに依頼できる

依頼をすると、間取り図(ラフプラン)が届きます。この間取り図がかんたんに入手できるというのが、このサービスの大きなメリットといえるでしょう。

タウンライフプランニングの例

実は間取りは大変難しく、一般の方が独学で間取りの完成を目指すのは、厳しいものがあります。

もちろん、自分で考えることは勉強になるのですが、希望と制約の間を調整しながらプランをつめる作業は、かなりのエネルギーを要します。

このむずかしさを考えると、自分の希望に応じたプロの間取りが、家づくりのスタート段階で自宅で手軽に入手できるのは、とても大きな意味があります。

自分で一から間取りを考えるよりも、このプロの間取りをベースに家族で意見を出し合い、自分たちに合ったプランに修正していく方が効率的といえるでしょう。


こうした検討に必要な比較材料がストレスなく入手でき、時間短縮もできるため、初期における家づくりの負担感を大きく下げてくれることが期待できます。

それでは、次に、実際に申し込んだ結果について具体的にみてみましょう。

2.実際にサービスを利用してみました・・・

タウンライフ家づくり にアクセスし、家づくり計画書の作成依頼を申し込んでみます。

申込みの流れは、

  1. 地域を選択し、家づくり計画書作成依頼ボタンをクリック

  2. 入力フォームに間取りの希望条件などを入力

  3. 依頼する住宅メーカーを選択し、依頼ボタンクリック

  4. 申込み完了

という感じで、入力自体は5~10分程度で済みます。
※土地の図面(寸法・方位・前面道路の幅)があれば、画像ファイルを添付します。

実際の入力画面

タウンライフ家づくり入力内容

間取りの要望事項を入力して、依頼ボタンをクリック

タウンライフ家づくり申込み完了

これで申し込みは完了です。

3日後・・・

1番早いハウスメーカーから間取り図(ラフプラン)が電子メールで届きました。なかなか早いですね・・・。

タウンライフ家づくりプラン1

その後も、順次他のハウスメーカーからプラン、概算見積りが届きました。ラフプランですが、こちらの希望に沿った間取りが電子メールで届くのはありがたいですね。

完璧な資料が完璧にそろうわけではない

ただ、カタログのみしか送っていただけない住宅メーカーもありました。(このあたりは、地域や各支店の違い、忙しさの度合いによって対応が異なるようです。)

また、アバウトな要望ですから、見積りについては当然概算レベルになります。詳細な仕様を詰めないことには費用は決まりませんので、話が進むにつれて実際の費用は上がる可能性があると心得ておく必要があるでしょう。

ただ、間取りに関しては、ラフプランですが、敷地条件を提示した上で作成してもらったものであれば、それなりに利用価値があるものと感じました。参考に、その提案してもらった間取りの違いを比較紹介してみたいと思います。

3.各ハウスメーカーの間取りを比較!

それでは、実際に提案していただいたプランについて比較してみましょう。私の方で、間取りを写し書きし、解説を加えました。

ハウスメーカーによってプランが大きく異なるということを皆さんに知っていただければと思います。

ちなみに、私が依頼時に入力フォームに記入したプランに対する要望は以下の通りです。

■間取りの要望事項

  • 世帯数:1世帯住宅
  • 階数:平屋建て
  • 人数:大人2人、子0人
  • LDKタイプ:2LDK
  • 家の広さ:25坪くらい
  • LDKの広さ:15畳くらい
  • 水周り:使い勝手を重視したい
  • その他間取りに対する希望(自由入力)
    ・玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸(パントリー)が欲しい(1坪くらい)。
    ・洗濯物が干せる屋根つきのウッドデッキ(2坪くらい)が欲しい。
    ・2つの洋室の内、1つの洋室から洗面やトイレにすぐアクセスできる間取りにしたい。

この内、以下の3点の要望の達成度について、検証したいと思います。

要望の達成度チェック事項
要望①水周りの使い勝手を重視したい
要望②玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸(パントリー)が欲しい(1坪くらい)要望③:2つの洋室の内の1つから洗面やトイレにすぐアクセスできる間取りにしたい

提案1 ハウスメーカー Ⅰ の場合

タウンライフ家づくり 案1(ハウスメーカー I)提案力チェック

提案2 ハウスメーカー S の場合

タウンライフ家づくり 案2(ハウスメーカー S)提案力チェック

比較結果

要望の②玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸が欲しい・・・については、重たいお米やお酒、飲料水や常温保存の食品を玄関からすぐに搬入でき、それをキッチンからすぐに取り出せると便利なので、そのような意図で要望したものです。

これについては提案2のハウスメーカーSの方が使い勝手が良いのがわかります。

また、要望③洋室の1つから洗面やトイレにすぐアクセスできるようにしたい・・・については、高齢になった時、夫婦のどちらかが、頻回なトイレ通いや、介護・介助などがしやすいよう、寝床からトイレ・洗面・浴室にすぐに行けるようにしたいという意図で要望したものです。

これについても、提案2のハウスメーカーSの方が使いやすいのが明らかですね。表にまとめてみます。

要望の達成度チェック

提案1
ハウスメーカーI
提案2
ハウスメーカーS

要望①

水周りの使い勝手を重視したい

要望②

玄関とキッチンの両方からアクセスできる納戸が欲しい

要望③

洋室の1つから洗面やトイレにすぐアクセスできるようにしたい

このように、全く同じ条件で依頼しても、プランや要望に対する応答性が大きく違うことがわかります。

「施主の満足とは何か?」を真剣に考え、要望の意図や真意をくみ取る姿勢はハウスメーカーSに軍配がありそうですね。そして、こうした点から住宅会社との相性も見えてきそうです。

間取りの比較は、自分たちに合った最適な間取りを考えるベースとなるばかりでなく、ハウスメーカーの対応力や相性のチェックにもなることがわかります。

4.面倒な営業や負担はないの?

いきなり同時に電話がかかってくるのでは?

申し込んだ瞬間に、一気に電話が来ることはありません。住宅の契約は、中古車買い取りの一括比較サービスのように、最初に電話をつないだ会社が高い確率で成約するような早い者勝ちの世界ではありません。

いきなり電話がなりっぱなしということはありません。

しつこい営業はないの?

強い売込みや、しつこい営業はありませんでした。これは、やはりインターネットという理由が大きいでしょう。このサービスのシステム上、初めから他社との競合が前提であり、冷やかし程度のお客さんもいますので、本気度が見えない初期の段階で、猛烈に営業をするとは考えにくいといえます。

あるハウスメーカーの場合は、電話連絡もなく、まず最初に電子メールで間取りプランが届きました。「より詳細なご希望をお聞かせいただければ、詳しくお見積もりいたします。」と、さらなる反応があるか、様子見という印象です。

私の場合、他社も含めハウスメーカーからの電話は全くありませんでした。このあたりは、各会社で温度差があるところだとは思いますが、強引な営業を受ける心配はないでしょう。

必ず話を聞かなければいけないの?

無料サービスの利用の条件として対面義務、話を聞く義務、契約の義務などは全くありません。

しかし、社会人としてのマナーは当然守りましょう。必要のない営業はていねいにお断りしたり、間取りなど資料作成にはそれなりの労力を要しますので、提供してもらったことに対する感謝の気持ちは機会があれば伝えましょう。

費用はかからないの?

サイト利用料、資料代など、お客さんが直接負担する費用はありません。当然、お断りしても請求はされません。また、仮に成約となったとしても、仲介手数料といった費用もかかりません。

5.不良業者はいないの?

インターネットのサービスであることから、不良業者の不安を感じる方もいるでしょう。ただし、不良不適格業者と遭遇するリスクはあらかじめ排除されています。

例えば、悪徳業者が住宅展示場にモデルハウスを建てたいといっても、会社の信用がなければ無理なのと同じで、タウンライフ家づくりサービスの信用をおとしめるような住宅会社に参入されないよう審査がされています。

さらには、以下に示すような大手ハウスメーカーに限定して依頼するという申込みも用意されています。

タウンライフハウスメーカー一覧

ただ、不良業者がいないからといってトラブルにならないわけではありません。スーパー大手の会社でも施主とのトラブルは抱えているものです。優良な会社の中から、さらに、あなたと相性が合い、信頼できる相手を絞り込むという作業が必要なのは言うまでもありません。

結局は、住宅展示場でハウスメーカーとコンタクトを取るのと大きな違いはありません。ただ、その作業をインターネットを経由で、ストレスなく効率化しているにすぎないといえるでしょう。

6.第三者的なアドバイスはもらえるの?

人によっては、依頼先選定にあたって、中立的な意見を聞きながら進めたいという方もいらっしゃると思います。

タウンライフ家づくりでは、基本的には第三者の相談サービスはありませんが、そのような方のために、住宅会社の選定や悩みについて相談できるサービス(タウンライフ注文住宅相談センター)が用意されています。
注文住宅相談センターの利用イメージ

ここでは、

  • 住宅会社選定の中立的なアドバイスが聞ける
  • 予算など、お客さんの悩みに応じた住宅会社を探してくれる
  • 住宅会社へのお断りも代わりにしてくれる

といったように、土地探しから契約までをアドバイザーがサポートしてくれますので、自分だけで決めるのは心理的負担が大きいという方に向いたサービスになっています。

もちろん、費用は無料、相談したからといって、住宅会社と契約しなければならないわけではありません。

まとめ

このサービスは、

  • 無料で気軽に依頼できる
  • 資料を自宅で比較できる

という点で、家づくりの精神的負担を大きく減らしてくれます。そして、提案資料の間取りプランはそれなりに活用が期待できます。

現在、以下に示すように、ワンクリックで間取りプランを提供してくれる一括資料請求サービスはタウンライフ家づくりだけです。

■資料請求サービス比較表

資料請求サイト
手軽さ
カタログ
登録業者数
特典

はじめての家づくりノート

成功する家づくり7つの法則

間取り図
見積り
土地提案
リフォーム
解説

手早くカタログのみ取り寄せられる。各住宅会社のデザインや性能、概ねの価格を把握できる。これから家づくりを始める方向け

間取り見積り土地提案が自宅でもらえる。カタログだけではなく具体的な検討も進めながら情報収集したい方向け

登録業者数が圧倒的。住宅会社をさらに探す場合に向く。

しかし、一方、よく聞く評判でも言われていることですが、

  • 住宅メーカーによって資料が届かない
  • 見積りや間取りはあくまで概要レベル

という点がありますので、あまり過大な期待をせず、あくまでも情報収集方法の入り口であると考え、最終的には、モデルハウス、インターネット、雑誌、口コミ掲示板、実際に建てた人に直接聞く・・・これらの情報をバランスよくとりながら家づくりをすすめることが大切です。


家づくりというのは楽しい期待の反面、何から手を付けていいかわからないということがあります。

なので、いきなり住宅展示場へ行ってしまい、営業トークに翻弄され、気持ちにゆとりが持てず、冷静な判断ができなくなったり、心の負担が大きくなってしまう場合があります。

そして、
めんどう→あきらめ→お任せ・・・これが失敗の原因になります。

タウンライフ家づくりは、完璧な資料がワンクリックで全て出そろうというものではありませんが、「なにかに急かされることなく、心に余裕をもってじっくりと判断したい」・・・そのように自分のペースで情報収集をスタートさせたい方にとっては、活用しやすいサービスといえるのではないでしょうか。