消費者のための住宅購入・家づくりガイド

住宅を新築・購入される方が後悔しないために、家づくりに必須の重要知識をプロがアドバイスいたします。

家づくりの後悔をゼロに
消費者を守る住宅制度・知識をわかりやすく解説

建築面積不算入措置

カーポートの建ぺい率(建築面積)の緩和

カーポートは車庫として容積率が緩和されるだけではなく、建ぺい率も緩和になるの? 一定の条件を満たす開放性のあるカーポートなどは建築面積の算定上の緩和規定があるので、結果として建ぺい率の緩和になります。 高い開放性のある建 […]
建築面積とは

建築面積とは?どういう規制を受けるの?

建築面積とはどういう面積ですか?また、建築面積は具体的にどのような規制を受けるのですか? 建築面積とは、わかりやすく言うと屋根の面積です。建築面積は敷地面積に占める割合を一定値以下にしなければなりません。 図解-建築面積 […]
住宅地下室容積率緩和のイメージ

住宅の半地下の床面積は容積率に入らない?

住宅の地下は全て容積率に入らないのですか?また、半地下の場合でも容積率は緩和されるのですか? 住宅の地下室は一定を上限に容積率の緩和を受けられます。また、法で定義されている地下に該当すれば、半地下でも容積率は緩和されます […]
外壁後退距離の緩和

外壁後退ラインからはみ出して隣地境界線ギリギリに建てる方法はありますか?

以下のいずれかに該当する場合、外壁後退線よりはみ出して建てることができます。1.外壁後退ラインからはみ出す部分の外壁の長さが3m以下であること。2.軒の高さが2.3m以下で、かつ外壁後退線よりはみ出す部分の床面積が5㎡以下であること。ただし、その他にも外壁後退の規制があるので、一概にギリギリに建てれるわけではありません。