プランの特徴

動きやすく使いやすい、高齢者対応、バリアフリー対応にも向いた、3LDK平屋の間取りです。南側に浴室を配置しているため、明るく快適な入浴時間が過ごせます。南側に眺望が得られる傾斜地などであればさらに快適な入浴空間となるでしょう。

スポンサーリンク

間取り図、解説

南側浴室、ゆとりのリビング、回れる間取り - 平屋、北玄関、3LDK、29坪

Data基本情報

1階床面積:98.54㎡(29.7坪)
建築面積:100.20㎡(30.2坪)
延べ床面積:98.54㎡(29.7坪)
※2人~4人向けの間取りです。

この間取りの長所・短所 解説

南側浴室、ゆとりのリビング、回れる間取り - 平屋、北玄関、3LDK、29坪 1階平面図 長所・短所
この間取りの長所

  • 回遊性を高めるため、各部屋の出入り口を2方向に設けています。動きやすく使いやすい、高齢者対応、バリアフリー対応にも向いた計画です。
  • リビングを中心に各室へ放射状にアクセスできるため、使い勝手がよく、常に家族の存在を感じられる間取りとなっています。また、リビングはゆとりある広さを確保しているため、大勢の来客にも十分対応できます。
  • 浴室の位置を南側に配置しており、明るく快適な入浴ができます。
  • 和室は客間としての利用にも良いでしょう。南面のウッドデッキに連続する快適な空間で、来客をもてなすことができます。
  • ウッドデッキがリビングとダイニングに、明るさと解放感をもたらしてくれます。
この間取りの短所

  • 出入り口が多く、移動経路の占める割合が多いため、その分、坪数とコストを若干押し上げています。(動きやすさ確保の反作用。家具配置の自由度も低い。)
  • 玄関とリビングが一体のため、来客時のプライバシー性が確保しにくい計画となっています。
  • 寝室などの主要居室は、水回りを南面配置としているために、北側配置となっています。
  • キッチンは音とにおいなどの遮断性が低いため、リビングの快適性が損なわれるおそれがあります。(調理・洗浄の音、におい、油汚れなど・・・)