プランの特徴

介護などに向いた平屋の2LDKプランです。寝室からトイレ洗面浴室が近く、高齢者や介護対応にも適しています。また、回遊性を利用した動きやすく家事のしやすいい間取りです。

スポンサーリンク

間取り図、解説

動きやすく家事のしやすい間取り –坪数を抑えた介護向きプラン - 平屋、北玄関、2LDK、19坪 1階平面図

Data基本情報

1階床面積:64.17㎡(19.4坪)
建築面積:69.56㎡(21.0坪)
延べ床面積:64.17㎡(19.4坪)
※2人向けの間取りです。


この間取りの長所・短所 解説

動きやすく家事のしやすい間取り –坪数を抑えた介護向きプラン - 平屋、北玄関、2LDK、19坪 1階平面図 長所・短所
この間取りの長所

  • ローコストを優先し、2人の生活に最低限必要な諸室を配置した間取りです。坪数を抑えつつ、動きやすさを考慮した計画となっています。
  • 回遊性があり、各室間のアクセスが良く、風通しの良い、動きやすい動線計画となっています。
  • 洋室4.7畳はトイレ・浴室へのアクセスが良く、夜間のトイレ利用に便利で、介護にも向くプランです。
  • キッチンから各室へのアクセスが非常によく、家事がとてもしやすい間取りです。
  • 納戸は玄関から直接搬入でき、キッチンの食品庫(パントリー)としても兼用できるため大変便利です。
  • 水廻りは各室が集中しており、キッチンからのアクセスも良く、家事がしやすい、設備配管コストも抑えられるプランとなっています。
  • ウッドデッキが、窮屈なリビングダイニングに開放感と明るさをもたらします。
この間取りの短所

  • 回遊性があることで、移動経路が多く、その分有効に使えるスペース、家具配置スペースが少なくなっています。
  • ローコストを目指すため、坪数が抑えられており、各室にゆとりがなく、窮屈な印象があります。
  • 収納が全体として少ないため、物を溜めこまない工夫が必要です。