プランの特徴

組み込み車庫併設の狭小間口3階建て4LDKのプランです。水回りは回遊性があり家事動線と生活動線が分離された使いやすい計画です。階段がリビングの脇にあることで、適度なコミュニケーション性とプライバシー性を保っています。

スポンサーリンク

間取り図、解説

狭小間口3階建ての間取り 収納庫付カーポート 北玄関 4LDK 42坪の間取り例

この間取りの長所・短所 解説

この間取りの長所

  • 間口の狭い敷地に適した、土地の有効利用が図れる間取りです。組み込みカーポートと、5人家族に対応できる部屋数を確保し、収納庫を多めにしてコンパクトにまとめています。
  • 玄関横に収納を設けているので、コートなどの収納に便利です。
  • 収納庫を1階に大きめにとっていますので、雑多用具などの収納に便利です。
  • カーポートは若干狭いですが、普通車が格納できます。収納庫を併設しているので、タイヤなどの収納に便利です。また、カーポート床面積全てが緩和規定により容積率算定の床面積から除かれますので、土地の有効利用が図れます。
  • リビングに階段があるため、お互いに顔が見えるコミュニケーションのとりやすい計画になっています。また、階段の昇降口が平面の中央にあるため、各階へのアクセスがしやすい間取りとなっています。
  • 水廻りは集中し、回遊性があり動きやすく、また、家事動線と生活動線が分離されているため、非常に家事がしやすい間取りとなっています。
  • キッチンは広めで独立性があり、横には収納庫を備えているので便利です。
  • 寝室は他室との独立性があり、落ち着いた空間となっています。
  • ホール(3階)は細長くなく、ゆとりがあるため、各部屋へのアクセスがとてもしやすくなっています。
この間取りの短所

  • 3階建ては土地の有効利用が図れる反面、2階建てよりも耐震上不利となり、構造コストが増えます。また、構造計算によって安全を確かめる必要があるので、設計の手間と時間が増え、コストもかかります。
  • リビング階段は家族間のコミュニケーションがとりやすい反面、プライバシー性を損ないます。来客中に上下移動が頻繁にある場合など、お互いに落ち着かないことがあります。