プランの特徴

間口が狭い、組み込み車庫付き3階建て4LDKの間取りです。敷地に駐車スペースが設けられない場合など、土地の有効利用を図りたい場合に向く計画です。

スポンサーリンク

間取り図、解説

細長い家の間取り 3階建て 書斎、カーポート付 西玄関 4LDK 42坪の間取り例

この間取りの長所・短所 解説

この間取りの長所

  • 間口の狭い敷地に適した、土地の有効利用が図れる間取りです。組み込みカーポートと、5人家族に対応できる部屋数を確保し、コンパクトにまとめています。
  • 玄関横に収納を設けているので、コートなどの収納に便利です。
  • カーポートは若干狭いですが、普通車が格納できます。このプランの場合、カーポート全てが緩和規定により容積率算定の床面積から除かれますので、土地の有効利用が図れます。
  • リビングと階段がセパレートになっているため、帰宅の気配を感じられると同時に、プライバシー性も確保されています。
  • 水廻りはぐるっと一回りできるため、回遊性があり動きやすく、また、水廻りが集中しているため、非常に家事がしやすい間取りとなっています。
  • ダイニングは日の当たる明るい空間となっています。
  • 書斎が落ち着いた位置にあり、読書や趣味に集中できます。
この間取りの短所

  • リビングが南側に面しておらず、2階南側のの好位置が有効に生かされていない間取りとなっています
  • 3階建ては土地の有効利用が図れる反面、2階建てよりも耐震上不利となり、構造コストが増えます。また、構造計算によって安全を確かめる必要があるので、設計の手間と時間が増え、コストもかかります。
  • リビングと階段がセパレートになっているため、プライバシー性がある反面、家族間の顔が見えづらい間取りとなっています。
  • 寝室と洋室6畳との間が壁一枚なので、落ち着かない寝室となっています。特別に遮音上の措置が必要です。