子供部屋重視 間取り例 | 長所・短所などの特徴解説付き間取り図集

子供部屋を重視した間取り

ここでは子供部屋を重視した間取り図について一覧にまとめています。
間取り図面の詳細解説(メリット・デメリット解説)を見る場合は、各ページへ進んでください。


スポンサーリンク

子供部屋重視した計画のポイント

子供部屋の間取りで大切にしたいのは
・採光、通風
・家族間コミュニケーション
・学習環境

という点です。これらを考えるには子供部屋の間取りだけを考えるのではなく、住戸の間取り全体で考慮してあげることも必要です。

子供の幼少期には一部屋で、大きくなったら部屋を分けるという方法は、兄弟間のコミュニケーションや情操をはぐくむことを期待してよく採用される方法です。

また、子供の顔がいつも見られるような親子間コミュニケーションがとりやすい、子供部屋と居間とのつながり、階段の位置などを考えることも大切です。

そして、子供部屋に籠りきりで勉強するのではなく、家族の気配を感じながら勉強できる環境を用意してあげることも、子供の性格によっては良い場合があります。

上記のことを要点として、家族間で相談しながら間取りを煮詰めていくとよいでしょう。


スポンサーリンク

子供部屋重視した間取り図集

狭小間口2.5間、3階建て、吹抜け、スタディースペースのある間取り - 南玄関、3LDK、32坪

狭小間口3階建ての間取りです。寝室の独立性が極めて高いのが特徴です。また、リビング上の吹き抜けが子供のスタディーコーナーと接続されており、開放感と家族の一体性を兼ねた計画となっています。

明るいダイニング ウッドデッキ付 南玄関 4LDK 34坪の間取図

明るく開放的なダイニングが特徴の4LDKの間取りです。家事動線と生活動線が分離され、水回りの使いが良い計画です。また、1階洋室の動線が家族動線と分離されているため、同居にプライバシー性が必要な場合に向く計画です。

狭小間口3階建ての間取り 収納庫付カーポート 北玄関 4LDK 42坪の間取り図

組み込み車庫併設の狭小間口3階建て4LDKのプランです。水回りは回遊性があり家事動線と生活動線が分離された使いやすい計画です。階段がリビングの脇にあることで、適度なコミュニケーション性とプライバシー性を保っています。

間口が狭い3階建ての間取り図 家事コーナー、カーポート付 北玄関 4LDK 42坪

組み込み車庫付き、狭小間口3階建て4LDKのプランです。家事コーナーが併設され便利ですが、リビング階である2階にトイレがないのが難点です。

スポンサーリンク

間取り作成と住宅メーカー選びに悩んでいる方へ

楽しい住まいづくり
プランのイメージもある程度、頭の中で形ができあがってきたら、

いよいよ業者さん探しです。

1社1社調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービスで間取りの作成依頼をしてみましょう。

あなたの希望に沿ったプランの作成依頼がかんたんにできますので、それらを比べて各社の信頼性や対応力を確認していきましょう。

一見、むずかしそうなマイホームの計画も、納得の相手が見つかればとてもスムーズに進むものです。

ぜひ、家づくりを楽しんで、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れてください。

(このサービスの詳しい解説はコチラ⇒タウンライフ家づくりの利用体験・間取り比較



ページの先頭へ