住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

「断熱改修」の記事一覧

次世代省エネ建材リフォームで最大300万円補助 2021年度次世代省エネ建材の実証支援事業の概要

2021 省エネ改修(次世代建材)補助金(300万円) の早わかり解説 | 次世代省エネ建材の実証支援事業の概要

この事業は、マイホームに高性能な断熱材や蓄熱・調湿などの次世代省エネ建材を用いてリフォームを行う場合に、国の補助金が交付されるものです。ここでは補助制度の概要についてわかりやすくお伝えします。 なお、この事業は、補助の要 […]
2021省エネ改修補助金120万円 既存住宅における断熱リフォーム支援事業の概要

2021省エネ改修補助金(120万円) の解説 既存住宅における断熱リフォーム支援事業の概要

今年度も引き続き実施される「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(旧呼称「断熱リノベ」)は、一定の要件を満たす断熱改修に対し国の補助金が交付されるものです。ここでは、この補助制度の概要についてわかりやすく説明します。 […]
断熱リノベ 補助金120万円(次世代建材は200万円) 2020年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

2020省エネ改修(断熱リノベ、次世代建材)補助金(120、200万円) をわかりやすく解説 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

このページは2020年の情報になります。 ↓ 2021年の補助事業については以下をご覧ください。 この事業は、住宅に高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を行うことにより、一定の要件を満たす場合に国の補助金が交付されるもの […]
断熱リノベ 補助金110万円(次世代建材は200万円) 2019年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

2019省エネ改修(断熱リノベ)補助金(120万円) の解説 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

この事業は、住宅に高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を行うことにより、一定の要件を満たす場合に国の補助金が交付されるものです。今年度も引き続き実施される断熱リノベと次世代建材の2つの補助制度について、その概要を説明します。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大120万円、次世代建材の場合で最大200万円が国から補助されます。
断熱リノベ 補助金 120万円 平成30年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

省エネ改修(断熱リノベ)補助金 120万円 | 平成30年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

この事業は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を国が支援するものです。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大120万円が国から補助されます。
H29年度高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)で最大120万円

省エネ改修(断熱リノベ)補助金 120万円 | 平成29年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

この事業は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を国が支援するものです。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大120万円が国から補助されます。

住宅 省エネ改修補助金 150万円 H28(H27年補正) 住宅省エネリノベーション促進事業

この事業は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を支援し、この断熱改修と同時に行う高性能な家庭用設備(高効率給湯機等)の導入・改修を国が支援するものです。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大150万円が国から補助されます。