住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

「減税制度」の記事一覧

認定長期優良住宅の登録免許税の税率軽減措置の解説

2022(令和4年)長期優良住宅の登録免許税の軽減措置のわかりやすい解説&減税額計算例

長期優良住宅として認定を受けた住宅の登記の際に必要な登録免許税が、通常の住宅よりも優遇されます。しかし、一般の住宅自体がすでに優遇されており、長期優良住宅の認定を受けることによる優遇はそれほど大きなものではありません。
住宅用家屋の登録免許税の税率軽減措置の解説

2022(R4)年 住宅の登録免許税の軽減額の計算例と制度の解説

一般住宅の不動産登記に係る登録免許税の軽減措置が平成27年3月31日から2年間延長され平成29年3月31までの取得について、従来どおりの税率で軽減措置が継続することとなっています。実際にどれほどの減税効果があるのかを見てみましょう。
低炭素住宅 住宅ローン減税 投資型減税 年間最大35万円控除×13年または最大65万円

低炭素住宅の住宅ローン減税および投資型減税の減税額早見表・解説 2022(令和4年)

ここでは、認定低炭素住宅の住宅ローン減税、投資型減税の概要、実際の減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする認定低炭素住宅。メリットの恩恵は?そのあたりを、実際の算定例から見ていきます。
住宅ローン減税(控除)で最大273万円控除

住宅ローン控除(減税)の図解解説と減税額早見表2022-シミュレーションで制度をわかりやすく解説

ここでは、住宅ローンを組んで住宅を取得した時に納めた所得税が戻ってくる、いわゆる「住宅ローン減税(控除)について図解解説します。制度の仕組み、実際に戻ってくる額の概ねの目安などについてわかりやすく紹介します。
住宅ローン減税(控除)で最大400万円控除

住宅ローン控除(減税)の図解解説と減税額早見表2021-計算方法をわかりやすくシミュレーションで解説

このページは2021年度(令和3年度)までの情報になります。 ↓最新の 2022(令和4年度)住宅ローン控除(減税)の解説については以下をご覧ください。 ここでは、住宅の取得(新築、新築住宅の取得、中古住宅の取得)や一定 […]
長期優良住宅 住宅ローン減税 年間最大35万円控除

長期優良住宅の住宅ローン控除(減税) 2022(令和4年) シュミレーション

長期優良住宅の住宅ローン減税(控除)の概要、減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする長期優良住宅のメリットの恩恵を皆さんが受けられるのでしょうか。そのあたりを実際の算定例から見ていきます。
新築住宅の不動産取得税の軽減について解説&軽減額シミュレーション 最大36万円軽減

新築住宅の不動産取得税の軽減措置 2022(令和4年)のわかりやすい解説と減税額計算例

ここでは、新築住宅を所有することになった時に所有者に課せられる不動産取得税の概要、及び、軽減制度についてわかりやすく解説します。また、実際にいくらくらいの不動産取得税がかかり、いくら軽減されるのかといった税額算定シミュレーションも紹介します。
新築・住宅取得時の住宅性能別 減税額一覧表

新築・住宅取得時の住宅性能別 減税制度比較表 2022(令和4年)

このページの内容は新築時・住宅取得時における減税制度について一般住宅、低炭素住宅、長期優良住宅にわけて比較表にしたものです。補助金・その他優遇制度などを含めた全てのお得情報の一覧については別ページにてご覧いただけます。
リフォーム工事別 減税額比較一覧

リフォーム工事別 減税額比較一覧表2021(令和3年)-リフォーム減税制度全体のまとめ

このページは、リフォーム時に利用できるお得な制度の内、減税制度について抜き出し、耐震改修、同居対応改修、バリアフリー改修、省エネ改修といったリフォームの種類別に、減税額などを一望で把握できるよう比較表にしたものです。
住宅借入金等特別控除の手続き解説

住宅ローン控除の確定申告・年末調整はいつ・どのように行うか?手続き方法・必要書類・記入例を解説

住宅ローン控除(減税)は、自動的に減税額が計算され戻ってくるのではなく、あくまでも住宅所有者の申告に基づいて還付されるものです。ここでは、減税のために必要な確定申告・年末調整の手続きをいつどのように行えばよいかを、手続き […]