リフォーム時の優遇制度一覧

このページは、リーフォーム時の補助金・減税・優遇制度の時系列記事一覧になります。

これらを分類ごとにわかりやすくまとめたのが以下のページになりますので、こちらをご覧ください。

また、リフォーム時に利用できる減税制度について、耐震改修工事、省エネ改修工事といった工事種類別の減税効果の比較表を作成していますので、ご参考ください。


スポンサーリンク

リフォーム時の優遇制度一覧 (時系列)

住宅ローン控除(減税)の図解解説と減税額早見表 2019-わかりやすいシミュレーション解説

減税制度 新築・購入 中古住宅購入 リフォーム 住宅控除
住宅ローン減税(控除)で最大400万円控除

ここでは、住宅ローンを組んで住宅を取得した時に納めた所得税が戻ってくる、いわゆる「住宅ローン減税(控除)について図解解説します。制度の仕組み、実際に戻ってくる額の概ねの目安などについてわかりやすく紹介します。

2019 早わかり 長期優良リフォーム補助金(最大300万円)の解説 | 長期優良住宅化リフォーム推進事業

補助金制度 リフォーム 長期優良住宅
2019年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助金最大300万円

2019年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業-この補助制度は、住宅を長く大切に使うためのリフォームをする・・・つまり、「耐久性があり、地震に強く、省エネ性が高く、維持管理がしやすい」住宅にリフォームする場合、その工事費等の一部に対し国が最大で300万円補助するものです。今年度についても予算措置され、従来と同様に実施されることとなりました。リフォームで住宅を長く大切に使いたい、さらに、親との同居リフォームも考えているといった場合は、活用を検討してみましょう。

2019省エネ改修(断熱リノベ)補助金(120万円) の解説 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

補助金制度 リフォーム 省エネ
断熱リノベ 補助金110万円(次世代建材は200万円) 2019年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

この事業は、住宅に高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を行うことにより、一定の要件を満たす場合に国の補助金が交付されるものです。今年度も引き続き実施される断熱リノベと次世代建材の2つの補助制度について、その概要を説明します。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大120万円、次世代建材の場合で最大200万円が国から補助されます。

2019木造住宅補助金(110万円) 早わかり 地域型住宅グリーン化事業の概要 | 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅への支援

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 長期優良住宅 低炭素住宅
長期優良 低炭素住宅で補助金110万円-2019年度地域型住宅グリーン化事業の解説

この事業は、長期優良住宅や低炭素住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を、主に新築する場合などに対して補助金が交付されるものです。ここでは、住宅に対する補助に限定してお伝えします。地元の中小工務店で長期優良住宅や省エネに優れた住宅を建てたいという方は、要チェックです。

2019ゼッチ(ZEH)補助金(70万円)制度の早わかり解説 | ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の概要

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ
ZEH:ゼッチで70万円補助 2019(令和元)年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の概要

ここでは、2019年度のZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)に対する支援事業の概要について紹介します。ZEHゼッチとは、かんたんにいうと、エネルギー収支が概ね0となる住宅をいいます。国は現在、このZEHの普及を強く勧めており、「ZEH」を取得、あるいはZEHに改修する方に対し、補助金を交付しています。ここでは、個人が対象の戸建て住宅の補助メニューについて、全体概要、補助要件などを、ポイントを絞ってわかりやすくお伝えします。

早わかり 次世代住宅ポイント制度(リフォーム)の要点解説-2019消費税増税の支援制度

補助金制度 中古住宅購入 リフォーム 省エネ 設備設置
次世代住宅ポイント制度(リフォーム)の早わかり解説

2019年の消費税増税対策として「次世代住宅ポイント制度」がスタートしました。ここでは、この制度を短時間で理解していただけるよう、要件、発行ポイント数など、要点をわかりやすくまとめて解説します。この制度は「新築住宅」と「リフォーム」でポイントを受けられますが、このページでは、「リフォーム」についてお伝えしています。

2019 住宅のリフォーム・増改築・改修時における補助金・減税・優遇制度一覧

リフォーム
リフォーム・改修時における補助金・減税・優遇制度

住宅のリフォーム・改修時に利用できるお得情報についてまとめています。補助金、減税の制度を一覧にしていますので、チェックリストとしてご活用ください。リフォームの減税は特に複雑です。制度の基本をつかんでから詳細に進めるよう纏めていますので参考にしてください。

同居対応改修の所得税減税 ローン減税 投資型減税 2019(R元年度)

減税制度 リフォーム 住宅控除

三世代同居のための改修工事を行った場合の所得税の減税制度が、令和3年(2021年)12月31日までの適用期間として定められています。この減税は住宅ローンの借り入れの有無にかかわらず適用できる投資型減税と、5年以上のリフォームローンを利用して減税を受けるローン型の2つが用意されています。減税額は投資型の場合、同居対応改修の標準的な工事費用相当額(上限:250万円)の10%となります。ローン型の場合は年末残高の2%が5年間控除されます。

贈与税の住宅取得資金の非課税措置 - 軽減額シミュレーション 2019(平成31年)

減税制度 新築・購入 中古住宅購入 リフォーム

父母や祖父母などの直系尊属から、自分で住むための住宅を新築、購入、増改築等をするために必要な資金として贈与を受けた場合、一定金額までの贈与について、贈与税が非課税となる制度が拡充されています。ここでは、その贈与税の非課税措置の概要、軽減額算定例などについてお伝えします。

省エネ改修の所得税減税 ローン控除、投資型減税 2019(R元年度)

減税制度 リフォーム 省エネ 住宅控除

省エネ改修工事を行った場合に適用可能な所得税減税は、大きく分けると、投資型(自己資金で工事を行った場合)、住宅ローン型の2つがあり、住宅ローン型は5年ローン型と10年ローン型の2つがあります。それらについて解説します。

低炭素住宅の住宅ローン減税および投資型減税の解説 2019(H31年)

減税制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 低炭素住宅 設備設置 住宅控除
低炭素住宅 住宅ローン減税 投資型減税 年間最大50万円控除×10年または最大65万円

ここでは、認定低炭素住宅の住宅ローン減税、投資型減税の概要、実際の減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする認定低炭素住宅。メリットの恩恵は?そのあたりを、実際の算定例から見ていきます。

バリアフリー改修の所得税減税 ローン控除、投資型減税 2019(R元年)

減税制度 リフォーム 住宅控除

バリアフリー改修工事を行った場合に適用可能な所得税減税は、投資型(自己資金で工事を行った場合)住宅ローン型の2つがあり、住宅ローン型は、さらに、5年ローン型、10年ローン型の2つがあります。それぞれについて見てみましょう。

H30年度 木造住宅新築で最大140万円の補助金 長期優良・低炭素・ゼロエネ | 地域型住宅グリーン化事業の概要

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 長期優良住宅 低炭素住宅
長期優良 高度省エネで補助金110万円ーH30年度地域型住宅グリーン化事業

この事業は、長期優良住宅や低炭素住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を新築する場合などに対して基本110万円の補助金が交付されるものです。また、地域木材を利用する場合や三世代同居への対応を合わせて行う場合は補助金が加算されます。長期優良住宅や低炭素住宅を中小工務店で建てたいという方は要チェックです。

省エネ改修(断熱リノベ)補助金 120万円 | 平成30年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

補助金制度 リフォーム 省エネ
断熱リノベ 補助金 120万円 平成30年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

この事業は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を国が支援するものです。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大120万円が国から補助されます。

家づくりのスタートは資料請求サービスを上手に利用しましょう

ナオミおすすめ

家づくりの情報収集は一括資料請求サービスを利用するのが便利です。まずは、以下から目的に合わせて資料を取り寄せてみましょう。

■資料請求サービス比較表

資料請求サイト
手軽さ
カタログ
登録業者数
特典

はじめての家づくりノート

成功する家づくり7つの法則

間取り図
見積り
土地提案
リフォーム
解説

手早くカタログのみ取り寄せられる。各住宅会社のデザインや性能、概ねの価格を把握できる。これから家づくりを始める方向け

間取り見積り土地提案が自宅でもらえる。カタログだけではなく具体的な検討も進めながら情報収集したい方向け

登録業者数が圧倒的。住宅会社をさらに探す場合に向く。

資料請求サイトピックアップ

LIFULL HOME’S

カタログのみ欲しい方

とりあえず住宅の種類やメーカーを知りたい方はこちら

テーマ(平屋、外観デザイン、狭小、輸入など)から選べる

価格帯(2,000~2,500万円代など)から選べる

優良住宅会社が豊富、登録会者数も適度で数の多さに迷わない

⇒カタログをまとめてお取寄せ

タウンライフ家づくり

間取・見積も欲しい方

自宅でプランと費用の検討をしたい方はこちら

・インターネットであなたの希望に応じた間取り作成を依頼できる

概算見積り土地の提案も同時にもらえる

大手ハウスメーカー平屋二世帯住宅に絞った依頼も可能

リフォームにも対応

⇒間取り・見積りをまとめてお取寄せ

(このサービスの利用体験・解説は⇒コチラ

ナオミおすすめ

これらの情報から家づくりの方向性が見えてくると思います。でも、これは入口。しっかりと方向が決まり自分が納得するまでは、時間をかけて勉強を続けましょう。ハウスメーカーとの具体的交渉はそれからです!

家づくりの前に必ず知っておいていただきたいこと

ポータル関連記事

ページの先頭へ