住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

「リフォーム」の記事一覧

次世代省エネ建材リフォームで最大300万円補助 2021年度次世代省エネ建材の実証支援事業の概要

2021 省エネ改修(次世代建材)補助金(300万円) の早わかり解説 | 次世代省エネ建材の実証支援事業の概要

この事業は、マイホームに高性能な断熱材や蓄熱・調湿などの次世代省エネ建材を用いてリフォームを行う場合に、国の補助金が交付されるものです。ここでは補助制度の概要についてわかりやすくお伝えします。 なお、この事業は、補助の要 […]
2021年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助金最大300万円

2021 長期優良住宅へのリフォームで最大300万円の補助金 | 長期優良住宅化リフォーム推進事業の解説

この補助金制度は、「耐久性があり、地震に強く、省エネ性が高く、維持管理がしやすい」…住宅を長く大切に使うための長期優良住宅化リフォームをする場合、その工事費等の一部に対し国が補助するものです。令和2年度事業に引き続き、3 […]
2021省エネ改修補助金120万円 既存住宅における断熱リフォーム支援事業の概要

2021省エネ改修補助金(120万円) の解説 既存住宅における断熱リフォーム支援事業の概要

今年度も引き続き実施される「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(旧呼称「断熱リノベ」)は、一定の要件を満たす断熱改修に対し国の補助金が交付されるものです。ここでは、この補助制度の概要についてわかりやすく説明します。 […]
グリーン住宅ポイント制度(リフォーム)の早わかり解説

2021グリーン住宅ポイント制度(リフォーム)の早わかり要点解説-最大60万ポイント

住宅需要を喚起し、感染症の影響で落込んだ経済の回復を図るため「グリーン住宅ポイント制度」がスタートしました。ここでは、この制度を短時間で理解していただけるよう、要点をわかりやすくまとめて解説します。 なお、主な対象要件は […]
リフォーム・改修時における補助金・減税・優遇制度

2021 住宅のリフォーム・増改築・改修時における補助金・減税・優遇制度一覧

住宅のリフォーム・改修時に利用できるお得情報についてまとめています。補助金、減税の制度を一覧にしていますので、チェックリストとしてご活用ください。リフォームの減税は特に複雑です。制度の基本をつかんでから詳細に進めるよう纏めていますので参考にしてください。
2020年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助金最大300万円

2020早わかり 長期優良住宅へのリフォームで最大300万円の補助金 | 長期優良住宅化リフォーム推進事業の解説

このページは2020年度(令和2年度)についての情報になります。 ↓ 最新の長期優良住宅化リフォーム推進事業については以下をご覧ください。 この補助金制度は、住宅を長く大切に使うためのリフォームをする・・・つまり、「耐久 […]
断熱リノベ 補助金120万円(次世代建材は200万円) 2020年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

2020省エネ改修(断熱リノベ、次世代建材)補助金(120、200万円) をわかりやすく解説 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

このページは2020年の情報になります。 ↓ 2021年の補助事業については以下をご覧ください。 この事業は、住宅に高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を行うことにより、一定の要件を満たす場合に国の補助金が交付されるもの […]
2019年度補正予算 長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助金最大300万円

令和元年度補正予算 早わかり 長期優良リフォーム補助金(最大300万円)の解説 | 長期優良住宅化リフォーム推進事業

このページは令和元年度(補正予算)事業の内容となります。最新の長期優良住宅化リフォーム推進事業については以下↓をご覧ください。 この補助金制度は、住宅を長く大切に使うためのリフォームをする・・・つまり、「耐久性があり、地 […]
リフォーム工事別 減税額比較一覧

リフォーム工事別 減税額比較一覧表2021(令和3年)-リフォーム減税制度全体のまとめ

このページは、リフォーム時に利用できるお得な制度の内、減税制度について抜き出し、耐震改修、同居対応改修、バリアフリー改修、省エネ改修といったリフォームの種類別に、減税額などを一望で把握できるよう比較表にしたものです。
2019年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助金最大300万円

2019 早わかり 長期優良リフォーム補助金(最大300万円)の解説 | 長期優良住宅化リフォーム推進事業

2019年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業-この補助制度は、住宅を長く大切に使うためのリフォームをする・・・つまり、「耐久性があり、地震に強く、省エネ性が高く、維持管理がしやすい」住宅にリフォームする場合、その工事費等の一部に対し国が最大で300万円補助するものです。今年度についても予算措置され、従来と同様に実施されることとなりました。リフォームで住宅を長く大切に使いたい、さらに、親との同居リフォームも考えているといった場合は、活用を検討してみましょう。
断熱リノベ 補助金110万円(次世代建材は200万円) 2019年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

2019省エネ改修(断熱リノベ)補助金(120万円) の解説 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業の概要

この事業は、住宅に高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を行うことにより、一定の要件を満たす場合に国の補助金が交付されるものです。今年度も引き続き実施される断熱リノベと次世代建材の2つの補助制度について、その概要を説明します。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大120万円、次世代建材の場合で最大200万円が国から補助されます。
次世代住宅ポイント制度(リフォーム)の早わかり解説

早わかり 次世代住宅ポイント制度(リフォーム)の要点解説-10%消費税増税の支援制度

2019年の消費税増税対策として「次世代住宅ポイント制度」がスタートしました。ここでは、この制度を短時間で理解していただけるよう、要件、発行ポイント数など、要点をわかりやすくまとめて解説します。この制度は「新築住宅」と「リフォーム」でポイントを受けられますが、このページでは、「リフォーム」についてお伝えしています。