住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

「リフォーム」の記事一覧

同居対応改修の所得税減税 ローン減税 投資型減税 2021(令和3年)

三世代同居のための改修工事を行った場合の所得税の減税制度が、令和3年(2021年)12月31日までの適用期間として定められています。この減税は住宅ローンの借り入れの有無にかかわらず適用できる投資型減税と、5年以上のリフォームローンを利用して減税を受けるローン型の2つが用意されています。減税額は投資型の場合、同居対応改修の標準的な工事費用相当額(上限:250万円)の10%となります。ローン型の場合は年末残高の2%が5年間控除されます。

省エネ改修の所得税減税 ローン控除、投資型減税 2021(令和3年)

省エネ改修工事を行った場合に適用可能な所得税減税は、大きく分けると、投資型(自己資金で工事を行った場合)、住宅ローン型の2つがあり、住宅ローン型は5年ローン型と10年ローン型の2つがあります。それらについて解説します。

バリアフリー改修の所得税減税 ローン控除、投資型減税 2021(令和3年)

バリアフリー改修工事を行った場合に適用可能な所得税減税は、投資型(自己資金で工事を行った場合)住宅ローン型の2つがあり、住宅ローン型は、さらに、5年ローン型、10年ローン型の2つがあります。それぞれについて見てみましょう。

介護保険の住宅改修助成20万円 高齢者住宅改修費用助成制度

この事業は、要支援・要介護の認定を受けている方が、自宅に手すり設置やバリアフリー化などの住宅改修を行おうとするとき、実際にかかる住宅改修費の9割相当額が支給されるというものです。支給額は、支給限度基準額(20万円)の9割(18万円)が上限となります。