長期優良住宅の不動産取得税の軽減措置

スポンサーリンク

ここでは、長期優良住宅の不動産取得税の軽減措置の概要及び、軽減額の算定例について紹介します。一般の住宅と比べてどの程度優遇されるのかを見てみましょう。

なお、一般的な住宅における不動産取得税の軽減措置については、別に詳しく図解解説していますので以下↓をご参照願います。

長期優良住宅の不動産取得税の特例の概要

長期優良住宅として認定を受けた住宅の不動産取得税の特例の適用期限が2年間延長され、令和6年3月31日までの新築に対し、従前同様の軽減措置が継続しています。

長期優良住宅の控除額はプラス100万円

長期優良住宅は、課税標準額からの控除額が一般住宅の1,200万円から1,300万円に拡大されます。

■長期優良住宅の不動産取得税の軽減

本則 一般住宅 長期優良住宅
税率 4% 3%※1
課税標準からの控除額 1,200万円 1,300万円※1
※1令和6年3月31日までに新築住宅を取得の場合※不動産取得税額=課税標準額(固定資産税評価額)×税率

つまり、この軽減措置により、長期優良住宅は、最大で39万円(1,300万円×3%)が軽減されることになります。

長期優良住宅は一般住宅と比べ最大3万円優遇

この軽減措置を適用した場合の長期優良住宅の不動産取得税の算定式は以下の通りです。

■長期優良住宅の不動産取得税 算定式

不動産取得税額=(固定資産税評価額-1,300万円)×3%

一般住宅との比較で見ると、一般住宅の控除額1,200万円に対し、長期優良住宅は1,300万円と100万円大きいことになります。つまり、税額にすると、長期優良住宅の一般住宅に対する優遇額は、最大で3万円(=100万円×3%)ということになります。

家づくりには順序があるって知っていましたか?

正しい手順は、ハウスメーカーを絞り込んでから住宅展示場へ行くことです。自分のペースで家づくりをすすめるなら、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか

LIFULL HOME'Sカタログ請求

LIFULL HOME’S

  • ZEH、デザイン、輸入、ローコストなど、あなたの好みのイメージが湧いてくる。
  • 予算にあわせてカタログを選べる。
  • 家づくりの流れがわかる無料の家づくりノートが便利。これだけでも価値あり。

長期優良住宅の不動産取得税の減税額シミュレーション

それでは実際に、住宅の固定資産税評価額が1,100万円としたときの不動産取得税の軽減額を見てみましょう。

■長期優良住宅の不動産取得税額 比較

本則 一般住宅 長期優良住宅
不動産取得税額 (A)
44万円
(1,100万円×4%)
(B)
0円
(1,100万円
-1,200万円)×3%
(C)
0円
(1,100万円
1,300万円)×3%
軽減額 44万円
(A)-(B)
44万円
(A)-(C)
試算条件:固定資産評価額=1,100万円

一般住宅自体がすでに1,200万円控除と優遇されており、長期優良住宅と軽減額は同じ・・・つまり、このモデルにおける不動産取得税での長期優良住宅の優位性はないということになります。

長期優良住宅として不動産取得税の軽減を受けるための主な要件

  • 都道府県の定めるところにより申告をすること
  • 床面積が50㎡以上240㎡以下であること
  • 長期優良住宅の認定通知書を取得していること

スポンサーリンク

まとめ

長期優良住宅の不動産取得税の優遇について紹介しましたが、一般住宅と比べた優遇額が最大でも3万円と、インセンティブ効果としてはやや弱い感があります。なお、長期優良住宅は、他にも優遇制度や住宅性能そのもののメリットもありますので、総合的に検討するのがよいでしょう。

長期優良住宅のメリットは以下にまとめていますので、ご参照ください。
長期優良住宅のメリット ポイント解説

なお、不動産取得税以外も含めた長期優良住宅の優遇額・税率一覧を、他の住宅種別と比較できるようにしていますので、以下もご参照ください。

長期優良住宅の不動産取得税の特例の詳細

制度の詳細については、以下をご覧ください。

ネットで間取り・見積り・カタログ請求ができるサービス

ナオミおすすめ

ハウスメーカーの間取り図、見積り、カタログ請求サービスの紹介です。自宅で請求可能なので、気軽さと、時短がメリットです。いきなり住宅展示場に行く前に活用してみてはいかがでしょうか。

■住宅会社の資料を一括請求できるサービス

登録業者数
間取り図
資金計画書
土地提案
住宅カタログ
ハウスメーカーへのお断り代行
個人情報の取扱い
運営会社

(株)NTTデータ スマートソーシング

タウンライフ(株)

(株)LIFULL

ナオミおすすめ

各サービスは、地域によって請求できるハウスメーカーが異なりますので、好みの会社を探しましょう。納得のプランが見つけるきっかになれば幸いです