住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

住まいのお得情報の総合案内 家を建てる・買う・リフォーム する方必見のお得情報 住まいのお得情報の総合案内 家を建てる・買う・リフォーム する方必見のお得情報

ゼロエネ住宅補助金 125万円 平成28年度(補正予算) ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業(普及加速事業費補助金)の概要

この事業は、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現すべく、高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅を新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する方に補助金を交付する制度です。

エネファーム設置補助 2016(H28年度) 民生用燃料電池導入支援事業

エネファーム民生用燃料電池導入支援事業とは家庭用燃料電池システム「エネファーム」を住宅等に導入する方、またはリース等により提供を行う方に対して、その購入費用の一部を国が補助する制度です。その概要についてお伝えします。

買換えのために住宅を売り譲渡益が生じた場合の長期譲渡所得の特例 2017(平成29年)

買換えのためにマイホーム(旧居宅)を売った際、譲渡益が生じた場合(儲かった場合)については、以下に示すように課税を将来に繰り延べることができるという特例が適用できます。この特例は平成29年12月31日まで2年間延長され、引き続き特例措置を受けることができます。

住宅を買い替えた時の所得税の減税(譲渡損失が生じた場合の特例) 2017(平成29年)

マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例について説明します。それは、10年以上のローンを組んで新たに住宅を取得する際に、もともと5年以上所有していた住宅や土地を売ったが、当時買った時の値段よりも安い金額で売れた(損をした)場合、その差額(損した額)を、その年の給与所得などから差し引くこと(損益通算)ができるというものです。

地域型住宅グリーン化事業 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅 補助金100万円 H28度(2016)

地域型住宅グリーン化事業については平成28年度も予算措置がされ、従来と同様本事業が実施されることになりました。今年度は新たな制度である建築物省エネ法に基づく性能向上計画認定住宅が補助の対象として加わりました。木造住宅に関連する補助の内容について概要を説明します。

長期優良リフォーム補助金 H28年度 最大250万円 長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業は、インスペクション(建築士による建物調査)、性能の向上を図るリフォームや三世代同居等の複数世帯の同居への対応に資するリフォーム、及び適切なメンテナンスによる既存住宅ストックの長寿命化に資する優良な取り組みに対し、国が事業の実施費用の一部を助成するものです。この事業については平成28年度についても予算措置され、従来と同様実施されることとなりました。補助制度の概要について説明します

住宅 省エネ改修補助金 150万円 H28(H27年補正) 住宅省エネリノベーション促進事業

この事業は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を支援し、この断熱改修と同時に行う高性能な家庭用設備(高効率給湯機等)の導入・改修を国が支援するものです。高性能建材(ガラス・窓・断熱材)による断熱改修で最大150万円が国から補助されます。

長期優良・低炭素住宅 補助金130万円 H27年度(2015)第2回募集 地域型住宅グリーン化事業

平成28年度の事業について 平成28年度についても110億円の予算措置がされており、従来と同様本事業が実施されることになりました。 平成28年度事業についてはこちらをご覧ください。↓ 地域型住宅グリーン化事業の概要 H2 […]