認定長期優良住宅の登録免許税の税率軽減措置の解説

スポンサーリンク

ここでは、長期優良住宅における登録免許税の軽減措置の制度概要と具体的な軽減額の算定例についてわかりやすくお伝えします。

登録免許税とは、不動産などの取得時に行う「登記」の際に必要となる費用(法務局に支払う手数料のようなもの)ですが、これが、一定の要件を満たす住宅取得の場合に大きく軽減されます。

そして、長期優良住宅については、その軽減措置が一般の住宅よりもさらに優遇されます。その優遇がどの程度になるのか、軽減額を比較しながら見ていきましょう。

なお、一般的な住宅における登録免許税の軽減内容については以下をご覧ください。

長期優良住宅の登録免許税の税率軽減の概要

長期優良住宅として認定を受けた住宅の登録免許税は、一般的な住宅よりも以下のように優遇されます。

■長期優良住宅の登録免許税 税率比較

登記種別 本則 一般住宅 長期優良住宅
所有権保存登記 0.4% 0.15% 0.1%
所有権移転登記 2.0% 0.3% 戸建て0.2%
マンション0.1%
適用期間:令和6年3月31日までに取得

新築時に行う所有権保存登記について、一般住宅が62%軽減(0.4%→ 0.15%)されるのに対し、長期優良住宅は75%軽減(0.4%→ 0.1%)されます。


スポンサーリンク

長期優良住宅の登録免許税の軽減額シミュレーション

では、実際に長期優良住宅がどれほど優遇されているか一般住宅と比べてみましょう。

登録免許税は次のように算定します。

登録免許税 算定式
登録免許税=課税標準×税率

課税標準についてはこちらをご参照ください。

それでは、実際に住宅の課税標準が1,000万円としたときの登録免許税の軽減額を見てみましょう。

新築時の所有権保存登記

■保存登記の登録免許税額 比較

本則 一般住宅 長期優良住宅
登録免許税
(保存)
(A)
4万円
(1,000万円×0.4%)
(B)
1万5千円
(1,000万円×0.15%)
(C)
1万円
(1,000万円×0.1%)
軽減額 2万5千円
(A)-(B)
3万円
(A)-(C)
適用期間:令和6年3月31日までに取得
試算条件:課税標準=1,000万円

所有権保存登記における登録免許税は、本則と比較すると、一般住宅は、2万5千円軽減なのに対し、低炭素住宅は3万円軽減となります。つまり、一般住宅と比べた場合の低炭素住宅の優遇額はその差5千円となります。

一般の住宅がすでに優遇されているため、長期優良住宅の優位性がそれほど大きくはないということがわかります。

新築未使用長期優良住宅取得時の所有権移転登記

■移転登記の登録免許税・軽減額 比較

本則 一般住宅 長期優良住宅
登録免許税
(移転)
(A)
20万円
(1,000万円×2.0%)
(B)
3万円
(1,000万円×0.3%)
(C)
戸建て2万円
(1,000万円×0.2%)
マンション1万円
(1,000万円×0.1%)
軽減額 17万円
(A)-(B)
戸建て18万円
マンション19万円
(A)-(C)
適用期間:令和6年3月31日までに取得
試算条件:課税標準=1,000万円

移転登記においても、登録免許税の軽減額は、戸建ての場合、一般住宅は17万円軽減であるのに対し、長期優良住宅は18万円軽減と、その差1万円…こちらも長期優良住宅が劇的に優遇されているという印象はありません。

スポンサーリンク

長期優良住宅として登録免許税の税率軽減を受けるための主な要件

  • その者が主として居住の用に供する家屋であること
  • 住宅の新築または引渡しから1年以内に登記をすること
  • 床面積が50㎡以上であること
  • 市町村が発行する住宅用家屋証明書を取得していること
  • 長期優良住宅の認定通知書を取得していること

など

住宅用家屋証明書は、長期優良住宅の住宅ローン減税の手続きでも必要になる大切な書類です。不動産の権利証といっしょに引渡しを受けていることを確認しましょう。

家づくりには順序があるって知っていましたか?

正しい手順は、ハウスメーカーを絞り込んでから住宅展示場へ行くことです。自分のペースで家づくりをすすめるなら、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか

LIFULL HOME'Sカタログ請求

LIFULL HOME’S

  • ZEH、デザイン、輸入、ローコストなど、あなたの好みのイメージが湧いてくる。
  • 予算にあわせてカタログを選べる。
  • 家づくりの流れがわかる無料の家づくりノートが便利。これだけでも価値あり。

まとめ

長期優良住宅の減税メリットの一つを紹介しましたが、一般住宅が十分に軽減されているため、優位性としては、いささか弱い印象があります。長期優良住宅は、その他の優遇制度や住宅性能そのもののメリットに視点を当てて総合的に判断するのがよいでしょう。

長期優良住宅のメリットは以下にまとめていますので、ご参照ください。
長期優良住宅のメリット ポイント解説

なお、登録免許税以外も含めた、減税制度全体の優遇額・税率一覧を、長期優良住宅などの住宅種別ごとに比較表としていますので、以下もご参照ください。

長期優良住宅の登録免許税の税率軽減の詳細

制度の詳細については、以下をご覧ください。

資金計画や家づくりで悩んでいる方へ

家づくりはわからないことが多いもの。資金計画の悩みに加え、以下のような悩みで立ち止まっていませんか?

施主が抱える多くの悩み…
  • 手順や段取りがわからない
  • 土地も含めた全体予算や返済額が見えない
  • カタログを比較しても優劣がわからない
  • 自社のみを押すハウスメーカーの話を聞いてもそれが正しいのかわからない
  • 結局どのハウスメーカーが自分に合っているかわからない
  • 子供を連れてハウスメーカーと何社も話せない
  • 各社を回る時間が無い、感染症も不安
  • 通勤と子供の通学に適した土地情報を知りたい
  • ハウスメーカーと打合せ中、迷ったときに誰にも相談できないのが不安

これらの悩みを抱えたまま、ハウスメーカーに直接話をしてしまうと、社益に偏りがちな意見に揺さぶられ、冷静な判断ができなくなります。まずは、あなたの利益を考えてくれる人の意見に沿って、上記の悩みを解消し、家づくりの全体像を把握した上で、しっかりとした方向性を定めるべきです。

でも、「誰に聞けば…」と前に進めず困っているのではないでしょうか…。今、そのような方におすすめしているのが、中立のベテラン・アドバイザーにオンラインで相談できるサービス「HOME4U 家づくりのとびら」です。

このサービスは、単なるハウスメーカーの紹介サービスではなく、「相談はベテランのみ」が対応し、あなたの悩みや不安の解消に重点が置かれています。その上で、予算シミュレーションや土地選びのツールなど、品質の高いサポートにより、「あなたの納得」を優先したハウスメーカー選びを支援してくれます。

企業信頼性も高く、あなたの了承なく、事が進んでしまうようなことはありませんので、安心して利用できます。もし、悩みを解決したいという場合は、無料なので、一度、気軽に相談してみることをおすすめします。

家づくりの悩みをオンライン相談で解決

家づくりのとびらイメージ

家づくりのとびら HOME4U

  • 中立のベテラン相談員だから疑問や不安が解消
  • 家づくりの全体像、方向性、手順がわかる
  • シミュレーションで全体予算・返済額がわかる
  • 自分に合ったハウスメーカーの選び方がわかる
  • オンラインで移動負担もなく子供がいても安心
  • 土地・ハウスメーカー選びを親身にサポート
  • 相談後、ハウスメーカーと交渉中に迷ったときも相談できる

※ハウスメーカーの紹介は、ご本人が希望した場合のみ。営業はありません。