住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

「減税制度」の記事一覧

同居対応改修の所得税減税 ローン減税 投資型減税 2021(令和3年)

三世代同居のための改修工事を行った場合の所得税の減税制度が、令和3年(2021年)12月31日までの適用期間として定められています。この減税は住宅ローンの借り入れの有無にかかわらず適用できる投資型減税と、5年以上のリフォームローンを利用して減税を受けるローン型の2つが用意されています。減税額は投資型の場合、同居対応改修の標準的な工事費用相当額(上限:250万円)の10%となります。ローン型の場合は年末残高の2%が5年間控除されます。

贈与税の住宅取得資金の非課税措置 - 軽減額シミュレーション 2021(令和3年)

父母や祖父母などの直系尊属から、自分で住むための住宅を新築、購入、増改築等をするために必要な資金として贈与を受けた場合、一定金額までの贈与について、贈与税が非課税となる制度が拡充されています。ここでは、その贈与税の非課税措置の概要、軽減額算定例などについてお伝えします。

省エネ改修の所得税減税 ローン控除、投資型減税 2021(令和3年)

省エネ改修工事を行った場合に適用可能な所得税減税は、大きく分けると、投資型(自己資金で工事を行った場合)、住宅ローン型の2つがあり、住宅ローン型は5年ローン型と10年ローン型の2つがあります。それらについて解説します。
長期優良住宅の固定資産税 税額1/2減額5年間

長期優良住宅の固定資産税優遇制度の解説と減額計算例 2022

長期優良住宅の固定資産税の減額の概要、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介いたします。長期優良住宅の固定資産税の各年の軽減額は一般住宅と同じですが、この減額となる期間が一般住宅の場合は3年間、長期優良住宅の場合は2年延長され5年間が適用されます。
長期優良住宅の不動産取得税の軽減措置

長期優良住宅の不動産取得税の軽減 2022(令和4年)-減税額計算例

長期優良住宅の不動産取得税の特例が平成30年3月31日まで2年間延長され、課税標準額からの控除額が通常の住宅1,200万円のところ、長期優良住宅の場合1,300万円に拡大されます。制度概要、減税効果の一般住宅との比較について紹介します。

バリアフリー改修の所得税減税 ローン控除、投資型減税 2021(令和3年)

バリアフリー改修工事を行った場合に適用可能な所得税減税は、投資型(自己資金で工事を行った場合)住宅ローン型の2つがあり、住宅ローン型は、さらに、5年ローン型、10年ローン型の2つがあります。それぞれについて見てみましょう。
長期優良住宅の所得税の税額控除(投資型減税)

長期優良住宅の所得税減税(投資型)の解説と算定例 2022(令和4年)

一般的な住宅の場合、所得税の減税を受けるには住宅ローンを利用することが条件ですが、長期優良住宅の場合は、住宅ローンを利用しなくても所得税が控除される、いわゆる投資型減税の利用が可能です。ここでは、その投資型減税の概要についてお伝えします。