住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

「減税制度」の記事一覧

長期優良住宅の登録免許税の税率軽減 2021(令和3年)

長期優良住宅として認定を受けた住宅の登記の際に必要な登録免許税が、通常の住宅よりも優遇されます。しかし、一般の住宅自体がすでに優遇されており、長期優良住宅の認定を受けることによる優遇はそれほど大きなものではありません。
長期優良住宅の固定資産税 税額1/2減額5年間

長期優良住宅の固定資産税優遇制度の解説と減額計算例 2021

長期優良住宅の固定資産税の減額の概要、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介いたします。長期優良住宅の固定資産税の各年の軽減額は一般住宅と同じですが、この減額となる期間が一般住宅の場合は3年間、長期優良住宅の場合は2年延長され5年間が適用されます。
低炭素住宅 住宅ローン減税 投資型減税 年間最大50万円控除×10年または最大65万円

低炭素住宅の住宅ローン減税および投資型減税の解説 2021(令和3年)

ここでは、認定低炭素住宅の住宅ローン減税、投資型減税の概要、実際の減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする認定低炭素住宅。メリットの恩恵は?そのあたりを、実際の算定例から見ていきます。

長期優良住宅不動産取得税の優遇 2021(令和3年) 減税額計算例

長期優良住宅の不動産取得税の特例が平成30年3月31日まで2年間延長され、課税標準額からの控除額が通常の住宅1,200万円のところ、長期優良住宅の場合1,300万円に拡大されます。制度概要、減税効果の一般住宅との比較について紹介します。

バリアフリー改修の所得税減税 ローン控除、投資型減税 2021(令和3年)

バリアフリー改修工事を行った場合に適用可能な所得税減税は、投資型(自己資金で工事を行った場合)住宅ローン型の2つがあり、住宅ローン型は、さらに、5年ローン型、10年ローン型の2つがあります。それぞれについて見てみましょう。
長期優良住宅の所得税の税額控除(投資型減税)

長期優良住宅の所得税減税(投資型)の解説と算定例 2021(令和3年)

一般的な住宅の場合、所得税の減税を受けるには住宅ローンを利用することが条件ですが、長期優良住宅の場合は、住宅ローンを利用しなくても所得税が控除される、いわゆる投資型減税の利用が可能です。ここでは、その投資型減税の概要についてお伝えします。

住宅の登録免許税の税率軽減 2021(令和3元年)減税額計算例

一般住宅の不動産登記に係る登録免許税の軽減措置が平成27年3月31日から2年間延長され平成29年3月31までの取得について、従来どおりの税率で軽減措置が継続することとなっています。実際にどれほどの減税効果があるのかを見てみましょう。

住宅を買い替えた時の所得税の減税(譲渡損失が生じた場合の特例) 2017(平成29年)

マイホームを買換えた場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例について説明します。それは、10年以上のローンを組んで新たに住宅を取得する際に、もともと5年以上所有していた住宅や土地を売ったが、当時買った時の値段よりも安い金額で売れた(損をした)場合、その差額(損した額)を、その年の給与所得などから差し引くこと(損益通算)ができるというものです。