長期優良住宅の優遇制度一覧

このページは、長期優良住宅の補助金・減税・優遇制度の時系列記事一覧になります。

住まいのお得情報を分類ごとにわかりやすくまとめた以下のページもご参考ください。
→長期優良住宅で利用可能または優遇される制度にマークを付しています。

スポンサーリンク

長期優良住宅の優遇制度一覧 (時系列)

H29年度 木造住宅新築で最大165万円の補助金 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅 | 地域型住宅グリーン化事業の概要

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 長期優良住宅 低炭素住宅
長期優良 高度省エネで100万円ーH29年度地域型住宅グリーン化事業

この事業は、長期優良住宅や低炭素住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を新築する場合などに対して基本100万円の補助金が交付されるものです。また、地域木材を利用する場合や三世代同居への対応を合わせて行う場合は補助金が加算されます。長期優良住宅や低炭素住宅を中小工務店で建てたいという方は要チェックです。

長期優良リフォームで最大300万円の補助金 | H29年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業の概要

補助金制度 リフォーム 長期優良住宅
平成29年度の長期優良住宅化リフォーム推進事業

このH29年度長期優良住宅化リフォーム補助金制度は、住宅を長く大切に使うためのリフォームをする・・・つまり、「耐久性があり、地震に強く、省エネ性が高く、維持管理がしやすい」住宅にリフォームする場合、その工事費等の一部に対し国が補助するものです。最大で300万円の補助金となるため、リフォームで住宅を長く大切に使いたい方は必ず活用しましょう。

エコ住宅への建替えで最大50万円の補助金 H28年度 | 住宅ストック循環支援事業

補助金制度 新築・購入 省エネ 長期優良住宅
エコ住宅への建替え | 住宅ストック循環支援事業

H28年度補正予算により、耐震性のない住宅を解体し省エネ性能の高い住宅に建替えた場合に、最大50万円/戸の国の補助金による支援制度が創設されました。これは「住宅ストック循環支援事業」の3本柱の補助メニューの一つとなっています。

長期優良住宅の固定資産税の減額 2017(H29年度)

減税制度 長期優良住宅

長期優良住宅の固定資産税の減額の概要、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介いたします。長期優良住宅の固定資産税の各年の軽減額は一般住宅と同じですが、この減額となる期間が一般住宅の場合は3年間、長期優良住宅の場合は2年延長され5年間が適用されます。

長期優良住宅の所得税減税(投資型) 2017(H29年)

減税制度 新築・購入 長期優良住宅 住宅控除

一般的な住宅の場合、所得税の減税を受けるには住宅ローンを利用することが条件ですが、長期優良住宅の場合は、住宅ローンを利用しなくても所得税が控除される、いわゆる投資型減税の利用が可能です。ここでは、その投資型減税の概要についてお伝えします。

地域型住宅グリーン化事業 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅 補助金100万円 H28度(2016)

補助金制度 新築・購入 リフォーム 省エネ 長期優良住宅 低炭素住宅

地域型住宅グリーン化事業については平成28年度も予算措置がされ、従来と同様本事業が実施されることになりました。今年度は新たな制度である建築物省エネ法に基づく性能向上計画認定住宅が補助の対象として加わりました。木造住宅に関連する補助の内容について概要を説明します。

長期優良リフォーム補助金 H28年度 最大250万円 長期優良住宅化リフォーム推進事業

補助金制度 リフォーム 長期優良住宅

長期優良住宅化リフォーム推進事業は、インスペクション(建築士による建物調査)、性能の向上を図るリフォームや三世代同居等の複数世帯の同居への対応に資するリフォーム、及び適切なメンテナンスによる既存住宅ストックの長寿命化に資する優良な取り組みに対し、国が事業の実施費用の一部を助成するものです。この事業については平成28年度についても予算措置され、従来と同様実施されることとなりました。補助制度の概要について説明します

長期優良住宅の減税 住宅ローン控除 2017(H29年) シュミレーション

減税制度 新築・購入 長期優良住宅 住宅控除

長期優良住宅の住宅ローン減税(控除)の概要、減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする長期優良住宅のメリットの恩恵を皆さんが受けられるのでしょうか。そのあたりを実際の算定例から見ていきます。

住宅メーカー選びで迷っている方へ

家づくりの前に必ず知っておいていただきたいこと

ポータル関連記事

ページの先頭へ