住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

最新の住宅に関する補助金・減税・優遇制度についてまとめています。チェックリストとしてご活用いただければ幸いです。

新築時、住宅購入時の優遇制度一覧

長期優良 低炭素住宅で補助金110万円-2020年度地域型住宅グリーン化事業の解説

2020長期優良住宅補助金(110万円) 早わかり 地域型住宅グリーン化事業の概要 | 低炭素・ゼロエネ・省エネ改修支援

このページは2020年度(令和2年度)についての情報になります。 ↓ 2021(令和3年度)の地域型住宅グリーン化事業については以下をご覧ください。 前年度に引き続き、2020年度も「地域型住宅グリーン化事業」が実施され […]
長期優良 低炭素住宅で補助金110万円-2019年度地域型住宅グリーン化事業の解説

2019木造住宅補助金(110万円) 早わかり 地域型住宅グリーン化事業の概要 | 長期優良・低炭素・ゼロエネ住宅への支援

この事業は、長期優良住宅や低炭素住宅といった省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅を、主に新築する場合などに対して補助金が交付されるものです。ここでは、住宅に対する補助に限定してお伝えします。地元の中小工務店で長期優良住宅や省エネに優れた住宅を建てたいという方は、要チェックです。
ZEH:ゼッチで70万円補助 2019(令和元)年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の概要

2019ゼッチ(ZEH)補助金(70万円)制度の早わかり解説 | ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業の概要

ここでは、2019年度のZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)に対する支援事業の概要について紹介します。ZEHゼッチとは、かんたんにいうと、エネルギー収支が概ね0となる住宅をいいます。国は現在、このZEHの普及を強く勧めており、「ZEH」を取得、あるいはZEHに改修する方に対し、補助金を交付しています。ここでは、個人が対象の戸建て住宅の補助メニューについて、全体概要、補助要件などを、ポイントを絞ってわかりやすくお伝えします。
エネファーム補助金 2019年度 家庭用燃料電池システム導入支援事業 補助金8万円+α

エネファーム設置補助金 2019(R元年度) | 家庭用燃料電池システム導入支援事業の概要

この制度は、家庭用燃料電池システム「エネファーム」を住宅等に導入する方、またはリース等により提供を行う方に対して、その購入費用の一部を国が補助する制度です。指定されたシステムを購入・設置し、それを使うことで補助金が受けられます。ここでは、その概要、補助金の計算方法や計算例などについてお伝えします。
次世代住宅ポイント制度の早わかり解説

早わかり 次世代住宅ポイント制度(新築住宅)の要点解説-10%消費税増税の支援制度

2019年の消費税増税対策として「次世代住宅ポイント制度」がスタートしました。ここでは、この制度を短時間で理解していただけるよう、要件、発行ポイント数など、要点をわかりやすくまとめて解説します。この制度は「新築住宅」と「リフォーム」でポイントを受けられますが、このページでは、「新築住宅」についてお伝えしています。

贈与税の住宅取得資金の非課税措置 - 軽減額シミュレーション 2021(令和3年)

父母や祖父母などの直系尊属から、自分で住むための住宅を新築、購入、増改築等をするために必要な資金として贈与を受けた場合、一定金額までの贈与について、贈与税が非課税となる制度が拡充されています。ここでは、その贈与税の非課税措置の概要、軽減額算定例などについてお伝えします。

長期優良住宅の登録免許税の税率軽減 2021(令和3年)

長期優良住宅として認定を受けた住宅の登記の際に必要な登録免許税が、通常の住宅よりも優遇されます。しかし、一般の住宅自体がすでに優遇されており、長期優良住宅の認定を受けることによる優遇はそれほど大きなものではありません。
低炭素住宅 住宅ローン減税 投資型減税 年間最大50万円控除×10年または最大65万円

低炭素住宅の住宅ローン減税および投資型減税の解説 2021(令和3年)

ここでは、認定低炭素住宅の住宅ローン減税、投資型減税の概要、実際の減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする認定低炭素住宅。メリットの恩恵は?そのあたりを、実際の算定例から見ていきます。

長期優良住宅不動産取得税の優遇 2021(令和3年) 減税額計算例

長期優良住宅の不動産取得税の特例が平成30年3月31日まで2年間延長され、課税標準額からの控除額が通常の住宅1,200万円のところ、長期優良住宅の場合1,300万円に拡大されます。制度概要、減税効果の一般住宅との比較について紹介します。
火災保険料の算定基礎となる構造区分

火災保険料の軽減 T構造(省令準耐火構造)の保険料算定シミュレーション

ここでは、建物の耐火性能と保険料の関係、実際の算定例について説明しています。火災保険料を算定する上で重要となるのが、建物の耐火性能により分類された構造区分です。この構造区分の違いにより、同じ木造でも火災保険料が大きく変わります。